AB隊長の山日記

へろへろ山登りの記録

近畿四国遠征(帰りの駄賃に高松城の巻)

2017-06-16 | 城の旅
なんだかこの頃は城を巡るブログになりつつありますが、

本来は山の備忘録としてつづっていたブログであります。

本来の山を巡る近畿四国遠征の目的を達成したABは故郷に帰るのです。

ゴールデンウイークはまだ3日を残していますので、帰りの駄賃を狙いましょう。

最初は高松城。

朝早く道の駅を出発して、高松城に到着です。

無料の駐車場に車を止めると、もうそこは高松城。



案内板を確かめて、見学に進みます。



まずは大手門である旭橋を渡りましょう。

堀を斜めに渡る筋違い橋になっています。横から攻撃をするためですね。



さあ、朝日門を入りましょう。

本日は、ちょうど無料開放の日となっておりまして、ちょっと得した気分です。



入ってすぐは、見事な桝形になってます。



駐車場からも見えた、艮櫓(うしとらやぐら)。重文に指定。

まだ時間が早いので、内部の見学はできません。



桜の馬場を通って三の丸方面に進みましょう。



桜御門を抜けて三の丸へ。



三の丸から天守台を望みます。

数年前に石垣を積みなおしました。



天守閣の復元が楽しみですね。

平城で水城ですから、この高い天守は立派だったんでしょうね。



内堀もなかなか広く立派です。



鞘橋が見えますね。

二の丸と本丸を唯一つなぐ橋です。



内堀の端に水門がありますね。

瀬戸内海の海水を引き込んでいます。





三の丸と二の丸の間を隔てる鉄門(くろがねもん)の跡。

門の両側の石垣の上に長屋状の建物を作って門と合わせて鉄壁の守りとしました。



二の丸の内堀沿いに石垣が続きます。



先ほど三の丸から眺めた鞘橋。



真ん中が高くなっていて、水はけをよくしてます。



うお!琴電が見えますね。

始発駅である高松築港駅。

前回来たときは、神戸から高速バスで高松まで来て、この駅から琴電で金比羅山に行きました。



巡礼でしょうかね。



天守台・・・なかなかカッコいい!



本丸もなかなか広いですね。



天守台に登ってみましょう。



まずは、地階部分に入っていきます。



基礎石がありますね。建物の割には小さいかも。

展望台に登ってみましょう。



展望台から三の丸を望む。

もし、天守閣があり最上階から眺めたら展望は最高でしょうね。



水門方面。水門の向こうはすぐ海です。



ちょうど満ち潮のようで、水門から海水が入ってきてました。




長くなったので次も高松城の旅です。


それでは、また今度。


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近畿四国遠征(こんぴらさん... | トップ | 近畿四国遠征(高松城讃岐う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。