AB隊長の山日記

へろへろ山登りの記録

近畿四国遠征(九度山に遊ぶの巻き)

2017-05-17 | 世界遺産な旅
高野山の観光を終え、次は九度山に向かいます。

九度山と言えば、昨年の大河ドラマ「真田丸」で有名になったところです。

ミーハーなABとしても、是非寄らねばならぬ所です。


起点になるのは道の駅「柿の里くどやま」です。

実は高野山に登る前に立ち寄ったのだが、駐車場が満杯で入れませんでした。

まづは、車を置きまして世界遺産に向かいます。



紀の川を右手に見て進みます。



慈尊院の標識を左に曲がり門前へ。



世界遺産の慈尊院です。





俗に女人高野と言われるお寺です。

高野山が女人禁制だった頃、女性がこのお寺にお参りをしたそうで。



本堂。



そして国宝の弥勒菩薩を本尊とする、重要文化財の弥勒堂です。

意外と質素な感じのお堂ですね。



有名な「乳房型絵馬」などが奉納されております。

さすが女人高野だけのもの。



ひさびさに見ました。世界遺産の碑。



慈尊院の境内からこの階段を登ると・・・・。



丹生官省符神社です。





本殿他が重要文化財に指定されております。

この神社も弘法大師がおつくりになったとか。





そして、神社よりこの坂道を進むと高野山町石道です。



世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つであり、一番使用された道でもあります。

ちょっとだけ歩きましょうか。



世界遺産の見学を終わり、道の駅に帰りましょう。



道の駅には、世界遺産情報センターがありますので見学します。



参詣道の情報がたくさんありますので、ぜひお寄りください。





道の駅を出て、真田の里である九度山の街の散策に出ます。

残念ながら、この時点で17:30。



真田ミュージーアムは月曜日でお休み。



真田正幸・幸村親子が隠棲した場所である真田庵は終了。

でも、「ここに居たんだ!」的な感慨に浸り、とても満足しましたよ。





真田古墳。



そして、九度山の街をとぼとぼ引き返します。





道の駅の近くにあった道端の絵。

このおっさんの絵では・・・・真田幸村ファンは黙ってないでしょう。

それにしても・・・・トホホ。



道の駅でお土産を購入。

平日なので、和歌山駅前にホテルが取れました。

ゆっくり休んで、英気を養うとしましょう。



明日は四国に突入します。


それでは、また今度。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近畿四国遠征(奥の院はお墓... | トップ | 近畿四国遠征(さすがの紀州... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。