今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

明日15時、下北沢B&Bでお会いしましょう!

2016-09-30 15:47:48 | Weblog
知識が邪魔をする場合がある。
知識がないと楽しめないことがある。
同じものなのに、よくも悪くもなる。
使い方次第だ。

何ごともそうだ。
いいもの、悪いもの、そう簡単に割り切れるものではない。
合理的という名のもと、キチンと分けたがる。
ほんとにそれでいいのかしら?

名作という本を読もうと何度も試みた。
だけど読めない作品がたくさんあった。
小説が嫌いになりかけた。
なのになぜ、またこんなにも好きになったのか。

そういう話も明日のB&Bで出来るといいなと思ってます。
どうして今、ネットを見ればタダで読めるような小説のアンソロジーを作ったのか?
たぶん、仕事をしていく上で、いや、生きていく上で、私が一番大切にしていることが
すべてこの本につまっていると思ってます。

いろんな人に来てもらいたいです。
なんであいつはいつも変なことばかりしてるんだろうって思っているあなた、
是非来てください。
案外普通のおっさんに驚きますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

aalto coffee&⒕g通信 10月号

2016-09-30 07:09:50 | Weblog
明日から10月なんですね。コーヒーの日だ。
日本酒の日でもあります。
どっちにしても私の日ですね(笑

aalto coffee

①12:00-18:00open 日月休み
 現状のままで行ってみます。途中で変わったり臨時休業がある場合はブログでお知らせしますね。

②cimaiのパンの日 21日(金)16:00-

③『コーヒーと小説』 millebooks 1,300円+tax 10月1日発売
  発刊記念として10月1日 松庵文庫さんでコーヒー教室、午後からは下北沢のB&Bさんでトークイベント。
  コーヒー教室は満席になっています。トークイベントはまだまだ大丈夫なので是非お見えください。
  小説の話の途中でコーヒーの淹れ方もレクチャーいたします。秋の夜長ご自宅でコーヒーを小説を。
  お問い合わせご予約は下北沢のB&Bさんまでお願いします。

④福岡2DAYS 10月16日17日 Rethink books 
 両日天神にあるRethink booksさんで夜イベントいたします。
 16日がトークイベント、17日がコーヒーWSの予定です。
 決定次第告知しますね。
 九州のみなさん、よろしくお願いします。

⑤『徳島のほんと』10月22日(土) 下北沢B&B
 まさかの月に2回B&Bさんでイベント出来るなんて!
 チャットモンチーのあっこちゃんと、東京の真ん中で徳島愛を叫ぶイベントです。
 お問い合わせご予約はB&Bさんまでお願いします。

⑥「コーヒーと音楽」10月23日(日) 下北沢モナレコード
 あたらしいイベントはじめます。最初の1歩目です。
 山田稔明さんと高橋徹也さんとご一緒です。
 最高の夜になるはずです。コーヒー教室もいたします。
 みんな来てねー お問い合わせご予約はモナレコードさんまでお願いします。

14g

①11:00-19:00open 火水休み
 11日と15日は夜ライブのため、早めに店じまいいたします。
 ご確認の上ご来店くださいませ。

②落合恵 HIGASHI ALPS展 10月1日ー
 来年のカレンダーの完成を記念して、落合さんの主催するHIGASHI ALPSのグッズの展示販売をいたします。
 来年のカレンダーは決まりですね。

③ライブ 
 10月11日D.Wニコルズ 10月15日トモフスキー
 すごいですよね、2組とも14ℊのような近くでみられることはめったにない機会です。
 近くから遠くからお見えください~

④「照井壮 磁器のうつわ」9月29日(土)-11月7H(月)作家在廊日29日
 14ℊのこけら落とし以来の照井さんの個展です。
 使いやすく美しい照井さんのうつわを是非ご覧にお見えください。

⑤出張シナモンロールとスコーン
 実は9月から第3,4土曜日、アンジェさんのどこかの店舗でシナモンロールとスコーンを販売いただきてます。
 さて、今月はどこの店舗でしょう。お楽しみに~

でもってちょっと先の話

山口和宏さんの木工展を開催します。11月19日―12月4日 初日には山口さんが在廊してくださいます。
記念してZEROKICHIさんのライブもあります。

11月22日は中山うりさんのライブをします。

メモってってくださいね。



長くなってしまいました。
10月は終わるのでしょうか?
2016年は終わるのでしょうか?
エンドレス2016年10月!

そんなこんなで、どこかでお会いいたしましょう!
 

この記事をはてなブックマークに追加

私たちは裏切りません。

2016-09-29 21:04:30 | Weblog
ビッグサイトってとこでコーヒーのお祭りをやっているらしい。
お祭りごとが恥ずかしいと思う私はいまだに行ったことがない。
きっと勉強にもなるし、刺激も受けるのだろう。
だけどきっと行かないな、ずっと。

今日もたくさん焙煎しました。
たくさん発送し、たくさんのご来店をいただきました。
私たちが見るべき大切なものはそれだけ。
それ以上はいらないのです。

見なくていいものを見て間違うより、
見なきゃいけないものだけ見て間違うほうがいい。
だけどね、間違わないんだよ。
だってさ、アアルトコーヒーのお客さんは、ただ日々のコーヒーを欲しているだけだから。

偉くなりたい?
褒められたい?
有名になりたい?
金持ちになりたい?

なりたいよ。
でもね、それよりは普通の人に普通にコーヒーを楽しんで欲しいんだよ。
明日も早起きして焙煎します。
安心してオーダーください。

私たちは裏切りません

この記事をはてなブックマークに追加

好きな店に行く、そしてしこたま飲むのだ。

2016-09-28 08:00:39 | Weblog
9月も終わりに近いというのにこの暑さはなんなのでしょう。
いまだにビーサンに短パンにTシャツ、どんだけサマーやねん。
ほんま、エンドレスサマーっちゅうやつかしら。

コース料理しかない店に入っちゃうと固まってしまいます。
どうしてもアルコールを嗜むもので、たくさんの料理を食べることが出来ないんです。
せっかく作ってくださった料理を食べないっていうのは、料理人に失礼だし、私の懐も辛いです。
そしてなにより、同じものを同じタイミングでその空間にいる人が食べているっていうのが苦手なんです。
学校の給食は苦手だったし、機内食はほぼ食べたことがないなあ。
なんなのでしょうね。

とは言え、出るか出ないかわからないアラカルトを用意していても、仕込みの時間はかかるし、
出なきゃ廃棄になってしまう、そう経営効率を考えるとコース主体にするべきなんですよ。
アラカルト主体にするっていうのは、たくさん飲んでもらうというのがベースになるので、
車移動が中心の地方都市や、不景気なときには結構辛くなるんですよね。
やっぱり経営がなりたってなんぼなので。
がんばってる好きな店には出来るだけ行くようにして、たくさん飲むようにしている、これは自分のためだもんね。

年のせいで、昔あったおっちゃんとおばちゃんがやってた中華料理屋や食堂を思いだすことが多い。
この年齢で近くにあの店があれば、毎日行って飲むのになあ。
叶わぬ夢だが、その夢想はとても甘美だ。
今もがんばっている店、新しくはじめた店、自営業はみんながんばってる。
だから、好きな店には出来るだけ行くようにしようと思う。
って、なんだか毎日しこたま飲んでるのは正当化しようとしてるだけじゃんって声が聞こえるなあ(笑

この記事をはてなブックマークに追加

理由はないし、意味など必要ない。

2016-09-27 07:21:21 | Weblog
いちいち理由がないといけないと思っていた。
あれだ、合理的で論理的がいいってやつ。
だけど日々の生活のなかでやるべきことの多さを考えると、いちいち理由つけなんて
する必要がないっていうか、時間がいくらあっても足りなくなる。
いわゆるこだわりっていうのは、ヒマな人のものなのだ。

こうあらねばならないではなく、無意識のうちに積み重なったものがこうであった。
こだわりとか個性ってそういうもんだよね。
はじめからこうあるべきっていうのは、ただのマニア、そうれはそれでいいんだけど、
あんまりカッコよくないな。
とにかく日々目いっぱい生きてれば自ずと自分なんて出来上がる。

自分探しなんてしてるのは若いうちだよね(歳とってやってる人もいるけれど、あっ10年前のオレだ 笑
結局ヒマなんだよ。
なんでもいいからとりあえず一生けんめいやってりゃ、疲れて果てて眠る。
つまらないことなんて考えないよ。
自分のやっていることを必死に考えるクセをつけると、どこに行ってもなんとかなる、たぶんね。


この記事をはてなブックマークに追加

見えないふりをするのはもう止めた

2016-09-26 08:00:45 | Weblog
なんでこんなことも出来ないの?
オレならもっと出来る。

傲慢でイヤな奴でした。
自分が出来ることだけを見て、出来ないことは見ないふり、そうそんなものは無いかのように
振る舞う最低の人間でした。
そりゃ、全部出来てると思うわな(笑

目を開けてみれば、自分がいかに何もできないかがよくわかる。
よくわかると痛い。
痛いのは嫌だから無意識に目を閉じてたんだろうな。
目を閉じてば見えないもんな。

でもね、もうそれは止めだ。
痛くっても目を開けていくよ。

この記事をはてなブックマークに追加

若者よ、人はおっさんになっても悩むんだよ。

2016-09-24 15:15:44 | Weblog
と言いながらも悩んでいます。
誰かひとり人に来てもらうっていうのアリかなと。

何をやりたいのかわからないけれど、何かやりたい。
何も出来ないけれど、素直で正直な人。
いませんか?
って、募集しているわけじゃないですよー
そう言う若者と出会えるといいなあとぼんやり思ったのです。
なんかね、自分の住んでる町なので、自分たちで面白くする以外方法はないわけで。
いまだ東京に依存しているような地方創生なんてって思える若者が増えるといいなと思うわけで。

おっさん怖いかもしれませんが、なんか話をしたいなあって思う人はアアルトコーヒーに来てください。
って、突然来てもおっさん忙しいので。

人に必要なのは、夢や自己実現ではなく、常識と相手への思いやりです。
こんなこと言うおっさんになったんだなあと。
苦悩する若者、カモーン!

この記事をはてなブックマークに追加

自営業者は自分でリズムを作らないとね。

2016-09-23 08:29:48 | Weblog
ここ3週間ほど引きこもっている。
朝起きて朝食を食べると焙煎をはじめ終わると梱包開始。
はやめの昼食を食べると店をオープン、18時に終了すると夕食を食べダラダラして眠る。
家と店からほとんど出ることがない。
通勤のないというのは、いいことでもあるんだけれど、よくないところもある。
少なくとも、もっと歩かないと、おっさんなんだし。

その反動で、10月11月は、いろんなところに参ります。
どこか近くにいたら是非お見えくださいませ。

昨日店の休みを増やそうとしているって書いたのに、うろうろするのかよって声が聴こえそうですが、
自分のバランスを取るためには、そうしなくてはもたないと思っています。
世間の常識からすればちょっとズレてるかもしれませんが、ごめんなさいね。
やっぱり自分に出来るやりかたでないと、ずっと続けて行くのは無理みたいなのです。
そもそも商売をしているのに、店を大きくしたいとか増やしたいなんていう野望がゼロって時点で
なんだかねえ、ほんとうはむいてないんでしょうかねえ。

夏中ひきこもったおかげで、増量し怠惰になってます。
秋ビシビシ働いて、どうにかします。そうしないとお父さんダッサーって娘に笑われますもんね。

この記事をはてなブックマークに追加

週休3日

2016-09-22 16:14:46 | Weblog
この夏はイベントにもほとんで出かけず店にいたのだけれど、予想よりたくさんのコーヒーを焙煎した。
10年前から考えると夢のようだ。
夏場なんて、ちっとも売れないから焙煎なんて3日ごとくらいで十分まかなえた。
継続は力なり、なんだなあ。

これから少しずつ涼しくなってくると、夏場休んでいた人がコーヒーを飲み始める。
ゆえにたくさん焙煎することになる。
そのことでいろいろ考えてるんだけれど、店売りを週4日にするっていうことになりそうです。
焙煎と梱包に集中する日を1日作らなければ、どうにもこうにもならなくなりそうなんだ。

人を入れるっていう方法もあるけれど、人件費がかかるぶん、どうしても値上げせざるを得なくなる。
それはなんだかちょっとなあ、出来うる限りこの値段でこの品質で販売したい。
ハンドピックが甘いのもそう、その手間と時間を考えると今の金額での販売は厳しくなる。
もちろん最低限のハンドピックはやってるんだけれど、気になる人は自分でやってくださいってスタンス。

偉そうだし、責任がないように聞こえますか。
そうだよね、でもね、今の品質でこの価格のコーヒーを作りたいんだ、自分が買いたいと思うコーヒーを。
良い原料の生豆を買って、焙煎後新しいうちに販売する、そのためにはコーヒーの回転を上げるしかない。
一番大切にしなければいけないことはなんだろう、それをずっと考えてます。

突然週休3日、いや4日になるかもしれません。
わかりませんが、いろいろ考えます。
こんなことで悩める日が来るとは思いませんでした。
ほんと、みなさん、感謝してます。

決まったら、こちらで報告しますね。

この記事をはてなブックマークに追加

新しいアイデアなんていらない

2016-09-21 07:20:33 | Weblog
新しいアイデアなんていらない。
新しいは古くなるから。

たくさんのアイデアが浮かぶって言う人がいる。
だけど、そう言う人は決まって何もやってない。
ただ新しいと思っているアイデアが浮かぶだけ、絵に描いた餅だ、食えやしねえ。
これはいいって思いついたことを、実現出来るよう実行し、
何度も何度も失敗を繰り返しながら(失敗しなくてもいいけどね)進んでいく胆力がある人がカッコイイ。
そこには、新しいとか、アイデアマンであるとかいう陳腐な言葉は入り込む隙はない。

自動運転の車が出来るらしい。
事故は減るだろう。
だけど、機械、壊れることもあるだろう。
人が起こす事故よりは数が減るっていうのかもしれない。
でもね、その起った事故は車の責任になるのかしら。
運転手は言うだろう「私はなにも悪くない。故障車があたったからむしろ被害者だ」って。

責任を取れる人でありたい。
だから自分が口にするアイデアは実現しようとがんばる。
いやー、古い考えかしら。
今の人たちには笑われるのかしら。
でもね、大切なことを見失わないでいたいと思うんだ。
新しいアイデアより、みんなが幸せになるアイデアを実行する力をつけたいな。

この記事をはてなブックマークに追加