今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

本と音楽とコーヒー

2016-08-31 09:05:23 | Weblog
いたるところで音楽は流れている。
アアルトコーヒーは無音のときが多い。
いや、無音じゃないな、音楽が流れていない時間。
町の音が生活の音が聞こえてくる、
音楽は、よし!聴こうと思って聴くものだと思っている。
中学生のころ、でっかいステレオの前に正座してレコードを聴いていた感じを忘れない。

数えきれないくらいの本がある。
だけど何度も何度も手にする本は決まっているし、驚くほど僅か。
新しいとか古いとか、評価が高い低いなんかは関係がない。
自分に合うかあわないかだ。
一番付き合いが長いのは本かもしれない。
私の幹は小説あのかもしれない。

どこにいってもコーヒーがある。
こんな世界になるとは思わなかった。
10年前コーヒー屋になるっていったら、成熟産業だから未来はないよって言われた。
そうだよな、未来のことなんてわかるはずがないんだ。
だから人生は面白い。
コーヒーもまだまだ面白くなるんだろうな。

本と音楽とコーヒーは、よく似ている。
あってもなくても生活には困らない。
だけど、町中のいたるところに溢れかえっている。
その割に、しっくっりくるものが案外少ない。
だからいいなだろうな。
多種多様なものがあってこそ世界、まだまだ面白くなる。

この記事をはてなブックマークに追加

aalto coffee&14g通信 9月号

2016-08-31 07:44:33 | Weblog
aalto coffee

①営業時間 12:00-18:00 日月定休日

②cimaiパンの日 9月16日(金)16:00-

③二象舎さんの展示にコーヒー淹れに参ります。
 9月18日(日) 場所:TOY TOY TOY(香川)


14ℊ

①営業時間 11:00-19:00 火水定休日
 9月から営業時間が変わります。18時以降にコーヒー豆を買いに行ったり、コーヒーを飲んでもらえたり
 出来るように開店閉店を1時間ずつ遅くしました。是非お立ち寄りくださいませ。

②青森展 9月17日(土)-30日(金)
 江澤香織さんの新刊を記念して青森のイベントを開催します。
 柑橘の国で林檎の国のイベント。
 おいしい食べ物がいろいろ届きます。
 写真展も同時開催です。
 17日の夜には作者の江澤さんにお見えいただきトークイベントを行います。
 青森の魅力いっぱい、そして青森に縁もゆかりもなかった江澤さんがどうしてこんなにも
 青森を愛するのか、町についてのお話が聞ける機会です。
 是非お見えください。


そんな感じで、ゆるやかな9月。
ちょっとコーヒーがんばりますね。
お付き合いよろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

夏休みをありがとうございました

2016-08-31 07:01:54 | Weblog
コーヒーを買っていただいている人たちのおかげで
今年も夏休みに家族で旅行に行くことが出来ました。
ほんとうにありがとうございました。
精一杯おとーさんやってきました。
感謝しております。

たぶん何かが欠落しているので、気を抜くと誰か(何か)に対して
興味を持つこともなく、虚無感が襲ってくる性分だと自覚しています。
だから私にとって家族というのは、正気を保っていられる大切なものなのです。
だからと言って、何にもしてあげられてないのが現状ですが、
見捨ずに一緒にいてくれている、妻と娘と息子に感謝しています。

そんなわけで(どんなわけだ)今日からまたたくさんコーヒー焙煎しますね。
なんだか涼しくなっているような気がして、いい感じで焙煎出来てます。
キチンとしたコーヒーをお届けすることが私の背骨、そこはキッチリとして
いろんなことやっていきますね。
10月1日に新しい本が出るのでこちらもよろしくお願いします(宣伝かよ 笑

そんなこんなで今日も頑張って参りましょう!
おー!

この記事をはてなブックマークに追加

青森展

2016-08-27 07:50:46 | Weblog
14gで青森のイベントです。
17日の江澤さんのトークショーは定員が少ないのでご予約おはやめにお願いします~

青森展  

会期|2016 年9 月17 日(土)-30 日(金) 

「青森・函館めぐりークラフト・建築・おいしいもの」(江澤香織 著) の発売
を記念しての開催です。青森より、おいしいもの、民芸品などがいろいろ届きます。
同時に青森の写真展も行います。是非お見えくださいませ。

◎スライド・トークショー 
江澤香織さんが青森の魅力をたっぷりお話しして下さいます。
青森名産のおいしいものの試食もご用意しています。
2016 年9 月17 日(土)19 : 00~  料金 500 円  定員 20 名( 予約優先)

江澤香織( えざわ・かおり)| 食・旅・クラフト等を中心に活動するライター。
酒蔵めぐりをメインとしたツアー& イベント「だめにんげん祭り」主宰。
著書に「酔い子の旅のしおり」「山陰旅行 クラフト + 食めぐり」など

この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのご案内

2016-08-27 07:43:13 | Weblog
今頃かよっ
はい、今頃ですが30日(火)アアルトコーヒー夏休みをいただきます。
発送もです。
31日以降順番にお送りさせていただきます。
どうかよろしくお願いします。

14gは9月1・2日夏休みをいただきます。
3日からオープンします。
そして営業時間が変わります。
11:00-19:00 定休日は火・水
少しずつ変化していく14gをよろしくお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

深煎りブラジル続くってよ。

2016-08-26 08:24:18 | Weblog
深煎り人気です。
ありがとうございます。
アルヴァーブレンドとマンデリンは定番なのでずっとあります。
クリスマスブレンドとエルサルバドルは完売しました。
また気まぐれで焙煎するかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

でもって深煎りのブラジル、これ自分でひどく気に入ってしまったので
当分の間続けようかなあと思っております。
今朝も焙煎しました。
苦くて甘くて後味スッキリ、クセがなく押し出しも強くないコーヒーです。
是非一度飲んでみてください。
よろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

人命、人生、平等、大切なもの、考える考える、そんな日々

2016-08-25 07:43:06 | Weblog
わからないものをわかったふりをして、知らないことを知っているふりをしていた。
わかっていたり、知っていることを本当にするために、後追いで調べたり学んだりした。
ときにはバレて恥ずかしい思いをした。たくさんした。
最初からわからない知らないっていうよりも恥ずかしかったんじゃないのかしら。
だけど、それはそれでよかったんだよ、なんとなくだけどね。

今は知らないです、わからないです、と正直に言えるようになった。
バカにされることが怖くなくなったんだ。
って、ほんとはね、誰もそんなことでバカになんかしないんだってことに気付いただけ。
自分で自分を追い込んでただけなんだ。
だけど、そんな時間も必要だったんだと思うんだ、なんとなくだけどね。

結局のところ全然進歩はしてないし、かといって後退もしていない。
ただここにいる、それだけ。
理由を探さないし、証明しようとも思わない。
ここにいて、こういうことが自分のまわりで起きている、それだけのこと。
だから、やるべきことだけを粛々とやっているんだ。

なんだかねえ、悩んでた日々はなんだったんだろう。
そして今のなにも悩まない日々ってなんなんだろう。
同じ人なのにな。
諦めたわけでも、悟ったわけでもない。
人の命や人生なんてたいしたものじゃないよ、そう思えるようになっただけ。

1秒後に死ぬかもしれない、人生なんてそんなもの。
だから生きているうちにさ、やりたいことがあるんならやれるように、目いっぱい生きてたい。
そしたら、この瞬間に終わってしまっても、まあこんなもんかって思える、はず、たぶん。
だけど、いやーあれもやりたかったのにって悔いをもって終わるのも、それはそれでいいかも。
死と隔離された社会になってしまったいるから、命や人生に意味を求めようとして、生きていくのが辛いんじゃないのかしら。

平和な国に住んでるから、こんな呑気なこといってるんだってわかっている。
平和な国に生まれたことに感謝している。
生まれてから死ぬまでのことを人生って言うんだ。
命は人間だけにあるものじゃない。
平等である、大切である、その意味をもっともっと真剣に考える人でありたいと思っている。

この記事をはてなブックマークに追加

深煎りコーヒー5種

2016-08-24 08:07:44 | Weblog
暑いですね~
コーヒー飲んでますか?
私は夏でもあたたかいコーヒー飲んでます。
アルコールで冷えた体には最高です(笑

なんだかわかりませんが、今週は深煎りのコーヒーが5種あります。
アルヴァーブレンド
マンデリン
エルサルバドル
クリスマスブレンド
ブラジル
最初の2つは定番、エルサルバドルはたまに、クリスマスブレンドはこの夏のあまりの暑さに気分だけでも。
ブラジルは今朝いつもの深さで煎り止めるのをボーっとしたため深煎りになってしまったのでレアです。

やっぱりコーヒーは深煎りだよってみなさん、是非オーダーくださいませ。
すべて100ℊ500円 200ℊ900円 500ℊ2,000円の税込です。
よろしくお願いします!

この記事をはてなブックマークに追加

14gとaalto coffee

2016-08-23 17:00:43 | Weblog
なんで屋号が違うんですか?とよく聞かれます。
理由はジャンルレスになりたいからです。
なりたいというより、ありたいっていうのが正確かも。
コーヒー屋がイヤっていうんじゃないですよ。
ただ屋号にコーヒーって入っていたら、コーヒー屋と思いますよね(当然です)
だけどね、コーヒー以外のこともいっぱいやっているし、やっていきたい場所が14gで、
コーヒーを飲んでくださっている人たちや、販売してくださっているお店のためにコーヒーを
作っていくのがaalto coffee、そう決めてはじめたんです。
そして来月で3年目に入るのだけれど、ジャンルレスでありたいと思っていた自分が
誰よりもジャンルにとらわれていたんだなあと気付いたのです。
いやー、未熟者です、はい。
だらかこれからは、自分がいいと思ったことみんなやっていきます。
14gもaalto coffeeも一緒、どちらも庄野がやってます。
そう宣言するところからはじめます。

やっとスタート地点に立つことが出来ました。

この記事をはてなブックマークに追加

インチキであるために

2016-08-22 11:16:38 | Weblog
インチキコーヒーロースターと名乗っている。
これは別に遜っているわけでも、謙遜しているわけでも、自嘲しているわけでもない。
本物のコーヒーロースターをたくさん知っているからだ。
朝から晩まで365日コーヒーのことだけ考えている、そんな人たちになれっこない。
生活の中の仕事としてのコーヒーロースターである、だからインチキでかまわない。

ずっと長くモノを作っている人、選ぶ人、売る人たちと話していると、
最近は作る人、選ぶ人、売る人すべてが、本物を知らないらしい。
そしてそれを買うことで完結するマーケットが多数を占めていると。
それを否定する気はまったくないのだけれど、どうなのでしょうね。
本物を知るから、インチキが出来るんだよ。

年寄りの戯言なのかしら、それとも愚痴。
もっともっと本物に触れて欲しいなあ、そしてそこから自分のものを作ってもらいたい。
生まれたときから本物なんてないんだ。
ニセモノ、インチキ、そこから始めなければ。
そしていつか本物になれるといいね。

残念ながら私は、一生インチキでいるようです。
だって、いろいろやりたいことがあるんだもん!

この記事をはてなブックマークに追加