今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

もっと寛容で選択肢の少ない世界になるといいな。

2016-11-04 12:53:29 | Weblog
たぶんすべてのことにおいて、選択肢が多すぎて疲れてるんじゃないのかしら。
ラーメン屋に行っても、味噌だ醤油だ塩だ、トッピングはどれにして、麺の固さは、量は。。
ラーメンでいいじゃん、ラーメン食べに来たんだから。
ビール、キリンとアサヒとエビスとどれにしましょう?
なんでもいいよ、思いっきり冷えていて、グラスも冷えてりゃ、銘柄じゃない、
ただ、おいしいビールを飲ませてくれればそれでいいんだ。

コーヒーもそう。
お客さんの好みに合わせて、たくさんの種類をご用意しました。
コーヒー飲むのまでいろいろ考えて選択しなければならないのか。
ホット!でいいじゃん、ダメ?
単なる加齢なのかしら?
選択肢ってそんなに必要なの?

アアルトコーヒーは、まあまあおいしいって言っている。
これは謙遜でもないし、ほんとにそう思っているから。
自分がよく行く店のほとんどは、びっくりするくらいおいしいものを出してくれる店じゃない。
こだわりの食材なんて使っていない、むしろ近くのスーパーに食材を買いに行ってるのをよく見かけるような店が多い。
そう、これは単なる私の好み、人に胸を張って勧めるものでもないけれど、だからと言ってそんなとこ行ってのって
バカにされる筋合いのものでもない。

誰にだって好きなものはある。
それを自分の好みじゃないからって、バカにしたり否定するのは、どうなのかしら。
そんなことやっても楽しくないよね。
そんなことより、みんなが好きなものを普通に言えて、あっそうなんだって言える毎日がいい。
もちろんダメなことをしているものにはダメだって言わなきゃいけないけれど。
もっと寛容で選択肢の少ない世界になるといいな。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は好きな人と好きなことし... | TOP | お客さんを見ていますか? »

Recent Entries | Weblog