今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

時間がかかる大切さを知らない人が多くて悲しくなる

2016-12-24 19:37:27 | Weblog
アアルトコーヒが今の場所に越してきて5年半。
作る時に一番大切にしたことは、きちんと朽ちることだ。
住居と一緒だから、何言ってんだバカって言われそうだけれど、そうなんだ。
一緒に歳をとりたい、壊れたり、不具合が出るたび、なんだお前もか、オレも最近腰が痛くてよ~
って、家と店と話がしたいなあと。
鉄の部分をクリアなど塗らず、そのままにした。
おかげで、日本で5本の指に入るくらい重い扉も、店前の窓枠も、雨風でいい具合に錆びてきた。
外壁の木貼りもそうだ。
理想通りになっている。

古い建物をリノベーションして店にするっていうのが流行っている。
もう何年もだ。
古いものを新しくする。
それだけで、もうだめだ。
私には、古いとか新しいとかいう判断基準はない。
いいか悪いかだけなんだ。
錆びるにはどれくらいの時間がかかるのか、色あせるまでどれくらいの時間がかかるのか、
それを簡単に、上から塗料を塗るような無神経な人にはなりたくない。
古いまま、新しくする、そう考える人は素敵だ。

美意識が足りない人ほど、こだわりがある。

本質とか、こだわりとか、安易な言葉を言うのは、もうやめよう。
町おこしとかも一緒。
カッコ悪いよ。
自分の仕事を坦々と。
いろんな人を巻き込まない、誰とも繋がらない。
孤独の中で、日々同じテンションで同じクオリティの仕事をする人が増えるといいな。
そんな人は、誰かが気付いてくれて、食っていけるんだ。
上っ面は、もういいよ。

生業で食っていけるのも、店や家がいい感じになるのも、町や国がよくなるのも、すごく時間がかかるんだ。
だから、今日も明日も、一生懸命生きるんだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思いつきだけの男。庄野25日1... | TOP | 失くしたと思っていた「怒」... »

Recent Entries | Weblog