今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

不完全でオッケーよ、なんて強がりばかりを言って生きていくのも

2017-04-18 14:29:34 | Weblog
仕事が楽しいって言っているうちはアレだと思うんですよ。
はじめから楽しいわけがないんです。
思い通りにはいかないし、そもそも自身に何の能力もないわけですから。
それでも辛かったり悔しかったり悲しかったり逃げ出したりしながらでも、
やり続けているとね、一人前になるもんなんです。
この期間をすっとばすと、どんなに自分の好きなものでも逆に好きじゃなくなるんですよね。
たぶん。

自分に向いている仕事なんてないんですよ本当は。
でもね、向いてない仕事っていうのはあります、これは絶対。
出来る出来ないじゃないんですよね、もうイヤでイヤで仕方がない、そんな仕事が。
そう言うときはやめちゃえばいいんじゃないかな。
それがどんなにいい職場であっても、給料がよくて世間体がよくても、やめちゃえばいいんです。
でもね、なんとなくイヤだなあっていうんなら、がんばったほうがいいかも。
がんばるって、いいもんなんですよ。

財布を落としから落とさないように気をつけよう、そう思わないんですよね私。
落としたお金以上を働いて稼げばいいやって思うようにしています。
だって落とすかもって気をはっているほうが心に悪いですもんね。
あれ、落としちゃった、じゃあちょっとがんばらないとってほうが精神的にいいですよ(バカみたいですが)
だから私は後悔するけれど反省しないんです。
反省ばっかりしていると滅入っちゃいますからね。
もちろん自分以外の人に迷惑をかけたらめいっぱい反省します。

なに言ってるかよくわかりませんが、人は不完全なものです。
足りないところがあるから社会をつくり支えあって生きていくんじゃないのかしら。
だから人に優しく、自分にも優しく、それが一番いいと思うのです。
意地悪な人にはなりたくないし、意地悪な人と一緒にはいたくない。
とにかく、自分のいる場所、持ち場で全力で働く、そうするときっといい社会になるんじゃないのかな。
と、ここで無理やり最初の話に戻しました。
とにかくがんばって働きましょうね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極深アルヴァーブレンド | TOP | やっぱり私の背骨はコーヒー... »

Related Topics