あれだよね

gooブログってさぁ~

160918 蓮舫氏 年内辞任も!二重国籍問題よりヤバい「黒い交遊」 マスゴミ叩かないのか叩けないのか

2016-09-18 11:14:03 | 日記
マスゴミが大きく報じない理由は一体何なのか?
二重三重と…え?三重国籍ってか

以下引用

蓮舫氏 年内辞任も!二重国籍問題よりヤバい「黒い交遊」

【民進新代表】蓮舫氏 年内辞任も!二重国籍問題よりヤバい「黒い交遊」

 自民党がほくそ笑んでいる!? 民進党の代表選が15日行われ、大方の予想通り、蓮舫代表代行(48)が1回目の投票で、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)に大差をつけて代表の座を射止めた。その蓮舫氏には“二重国籍”問題だけでなく、爆弾級ともいえるもっと危ない話がいくつも持ち上がっている。永田町では早くも「年内持たないだろう」と、超短命の代表になると予測する声であふれ返っている。

 野党第1党の党首に女性が就任するのは旧社会党の土井たか子氏以来。女性指導者は世界的な時流ではあるが、党内は歓迎ムードばかりではない。言わずと知れた“二重国籍”問題で、蓮舫氏が虚偽ともとられかねない発言を繰り返した揚げ句、代表選を強行突破したからだ。

 疑惑が取りざたされた当初、蓮舫氏は調査・確認することなく「台湾籍は抜いた」「生まれた時から日本人です」などと発言。その後、台湾籍放棄の手続きを取ったと言い、13日に「台湾籍が残っていた」と公表した。

 この時、既に党員、サポーター、地方議員の投票は締め切られていたこともあり、代表選前日には党内の有志議員が「蓮舫氏の説明が二転三転したことに対する政治的資質の問題、党のガバナンスの問題」として、代表選の仕切り直しを訴える異常事態となった。だが、党常任幹事会で「問題なし」と却下され、選挙は続けられた。

 代表就任会見では報道陣から「代表選で勝ったことでみそぎを済ませたと思っているのか」「二重国籍は国籍法違反の可能性がある」などと質問が相次いだ。…
蓮舫氏は「党内外に向けて、信頼いただくためにもその都度、説明していきたい」と釈明を繰り返したが「もはや信頼性という意味ではゼロ」と党内から声が上がるのも当然だ。さらに「問題はそれだけではない」との声が噴出している。党内の衆院議員はこう話す。

「蓮舫氏に負けてしまったことは仕方がないが、蓮舫氏は二重国籍問題だけでなく、他にも取りざたされているヤバい話がいくつもある。黙っていても火がつく。いつまで持つかが見ものですよ」と不敵に話した。

 ヤバい話とは何か? 

 永田町関係者は「蓮舫氏が民主党政権で大臣だった時に追及された元不動産会社経営者A氏との不適切な交遊です」と話す。蓮舫氏は2011年に写真週刊誌にA氏との密会写真が掲載され、国会で追及された。

「A氏はバブル崩壊後に不動産業界でのし上がった風雲児で、ジャスダック上場までしたが、05年に脱税でガサ入れされた際、覚醒剤を打っているところを発見され、覚醒剤取締法違反(使用、所持)罪で懲役3年、執行猶予5年がついた。にもかかわらず、蓮舫氏は執行猶予中のA氏と密会していたところを写真に撮られたんです」

 蓮舫氏は国会でA氏との面識は認めたが「(覚醒剤逮捕歴は)知らなかった。反省すべきだった」などと答弁していた。

 だが、当時を知るA氏の関係者は「蓮舫氏は国会議員になる前からA氏とは付き合いがあり“デキているんじゃないか!?”とまで言われたほど親密でした。…
付き合いがあった人で、A氏の逮捕を知らないハズがない」と話す。

 別の関係者は「A氏は有名人好きで、中でも蓮舫氏は大のお気に入りでした。自宅や生まれ故郷である青森にも蓮舫氏を招待していたし、娘の結婚式にも蓮舫氏は出席していた仲。蓮舫氏もバカではないので、なんで国会議員なのにA氏と付き合っているのかと話は出ていたが、男女の関係ではなく、お金の面で切れないところがあったのではないか」と話す。

 国会追及から2か月後、蓮舫氏は突如、内閣改造で閣外となり、この問題もお蔵入りしていた。

「蓮舫氏はA氏との『黒い交遊』で虚偽答弁したともいえ、今回の問題に相通じる部分がある。みそぎも果たしていないのでぶり返すでしょう」(前出の永田町関係者)

 蓮舫氏にまつわる怪文書(本紙既報)でもA氏との交遊歴は書き連ねられていた。スキャンダル追及に手ぐすね引いている自民党内では、蓮舫氏の代表就任でこんな観測が持ち上がっている。

「蓮舫氏は二重国籍問題、A氏との交遊問題、暴力団フロント企業からの献金問題など、叩けばホコリだらけ。これほどくみしやすい野党代表はいない。12月にロシアのプーチン大統領が来日し、北方領土問題に進展があれば、年内に解散総選挙もあり得る。支持率が10%もない民進党が惨敗すれば、蓮舫氏も当然クビでしょう」(党関係者)

 クラリオンガールから国会議員、大臣、そして政権交代があれば首相となる野党第1党党首の座まで上り詰めた蓮舫氏。

「いばらの道かもしれないが、登り続ける」と決意を述べたが、あまりに険しい道が待ち受けている。


引用終わり

某テレビ番組の見出しに
「逆風の中、それでも圧勝」とか書いてあって
思わず吹き出しちゃいましたよ。
党員、サポーター投票終わった後に二重国籍認める発表しといてからに。
そもそも国民が支持して“圧勝”した訳じゃなく
汚仲間同士、内輪で人材の少ない党首候補を選んだに過ぎないのに。
いつも必要以上に大袈裟な見出しで世間を煽りたいマスゴミらしい書き方です。
人材は少ないが“人罪”だけは豊富なんだとか…
そう言えば、謝蓮舫のあの異様なテンション、
まさか・・・ク●リでもやっているんじゃないだろうな〜
脳内回路の陳プン韓プン支離滅裂な感じも、
そう考えると…な〜んとなく理解出来たりとか…
マスゴミは、大きく報じなければ、世間に広く知れ渡る事も無く
自分らに都合の悪い隠し事は、知る人しか知らない秘密として
逆に、ある印象付けしたい事には、殊更煽り立て、
(例;豊洲市場の地下に溜っていた水とか)
ある事無い事捏造してでも広めたい、
そんな意識が溢れ帰って、もはやマスコミ本来の役割を完全に逸脱してしまってます。
ただの狂惨党のプロパガンダ、赤旗と同じレベルですね。

【関連ワード】
 ダイナシティの中山諭元社長

 蓮舫と覚醒剤社長が知り合ったのは、平成16年(2004年)の参院選初出馬に遡るという。
その仲介役が野田総理の側近の手塚補佐官だった。

 蓮舫行政刷新相と野田首相のウソをすっぱ抜く

【追記動画】
民主党の黒い交際暴露!!蓮舫と不倫?親密な関係にある噂の男性薬物事件で逮捕!!ヤジがうるさい小西に大激怒で一瞬凍り付く面白い国会中継【hm55】【国会中継 注目!! 】
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 160917 福山 哲郎も…アレか?... | トップ | 160919 すべては鳩山由紀夫元... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。