あれだよね

gooブログってさぁ~

170313 野球長ぇ〜よ。4時間46分の侍死闘、場内に“終電注意報” 終了と同時に帰宅客ダッシュ

2017-03-13 10:14:55 | 日記
見る方も疲れましたよ。
おかげで今朝は完全寝坊です。
勝ったからまだよかったものの
これで負けてたらダメージ大きいです。
やっぱり野球は試合時間が長くなり過ぎるね。
これだと国内の一般的なルールとは別に
五輪標準競技を目指すなら、
かなりルール変更か特別ルールにしないと
多分通らなくなるでしょうね。
日本のように相手との<間合い>も
競技観戦の楽しみの一つと捉えるような国民性ならまだしも
世界全体を見回すと、現代の時間的価値もあり
そこまで時間を浪費したくないのが本音でしょうし。
そのうち以前導入された時間制限制とか
タイブレーク制どころか、サッカーのPK戦みたいな制度が
取り入れられるかもしれませんね。
(投手と打者の一対一の交互勝負で、ヒット1本1得点みたいな)


以下引用

4時間46分の侍死闘、場内に“終電注意報” 終了と同時に帰宅客ダッシュ

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦でオランダ(東京ドーム)と対戦。1点リードの9回に同点に追いつかれながらも、今大会初のタイブレークとなった延長11回に中田翔内野手(日本ハム)が決勝の2点タイムリーを放ち、8-6で競り勝った。試合は4時間46分の死闘だった。
 スタジアムから大歓声が上がると、時計の針はテッペンを差そうとしていた。午後11時54分。侍ジャパンがもぎ取った1勝は4時間46分に及ぶ、死闘だった。
 お互いが序盤から点を取り合い、それに比例して投手の継投も重なり、試合時間は延びていった。さらに、侍ジャパン1点リードの9回2死から同点打を浴び、延長戦に突入した。
 延長10回が終了した午後11時40分頃には場内に、こんなアナウンスが流れた。
「電車でお越しのお客様は、終電の時間にご注意下さい」
「11時以降は東京都の条例により18才未満のお客様はご観戦できません」
 それでも、多くのファンが残って声援を送り、侍ジャパンに劇勝をもたらした。
 試合終了と同時に最寄りの水道橋、後楽園駅に駆け出すファンが続出。そんな思いも知ってだろう。お立ち台に立った小久保裕紀監督は第一声、こう言って頭を下げた。
「えー……もう日付が変わりそうなんですけど。こんなに遅くまで声援いただいてありがとうございました」
 指揮官に続き、牧田、中田とお立ち台に立って3選手がヒーローインタビューを終えると、時計の針はとっくにテッペンを過ぎていた。


引用終わり

東京五輪、どんなルールになるんでしょうね。
野球に限らず、日本の規則で何時以降●●出来ないとか
その点も気になる処ですし
野球は東北開催云々となると
都心ならいざ知らず、地方の交通機関とか
結構問題多そうな気がしてきます。
ほとんど毎日やる国内ペナントレースでも
年に何回か長時間ゲームが発生するくらいなので
今、各国とも力を入れ始めている野球国際大会ともなると
こういった激闘死闘は増えそうです。
これも野球の醍醐味と言えばそれまでですが
より幅広いファン層を獲得拡散するのは難しいでしょうね。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170313 宮古島市議のフェイス... | トップ | 170315 NHK元記者、15日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。