アスカのブログ!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

<日本は世界最強の軍事大国?(前編)> 

2016-12-31 14:29:24 | 日記

副島隆彦先生は、最近、トランプ時代を見据えて
「日本は、トランプ、プーチン、習近平からすれ
ば、交渉の相手ではなくて、『交渉の材料』であ
る。日本人が、どんなに悲しがっても、悔しくて
も、ショックを受けても、これが冷酷な現実だ。
日本は、自滅しつつある。もっともっと貧乏にな
るだろう。どんな産業分野も職業も、追い詰めら
れて悲惨な状況だ」と述べています(「次期トラ
ンプ政権がやるであろうこ事」より)。
要は都合良く利用はされるが、相手にはされず無
視され、更にどん底に陥る、と言う事でしょう。
現状のままなら、全くそのとおりと思います。
日本の、この体たらくさは、力が無いから交渉能
力も発揮出来ない訳です(無論、戦後70年、ズ~
ッと、アメリカの属国でもありますし)。
では「力」とは何でしょう? 
最たるモノは軍事力です。古今東西の歴史が完璧
に証明している通りです<今回のトランプ勝利も
在郷軍人・民兵(ミリシア)・ペンタゴンの半数
・・・などの武力集団が、トランプ側についたか
らヒラリー派の不正を阻止し勝てたのです>。

その日本からは、新技術・革命的素材・製品・理
論等、、、が次々と発表されています。恐るべき
は、上は大企業・大学・研究機関から、下は一介
の町工場に至る迄(例、画期的な「大政ガス」な
ど)、陸続とです。こんな国は日本以外にはあり
得ません。
高度な生産能力も世界一で(実は、これが、何か
あると円が買われる理由なんです。世界の投資家
は流石に良く知っています。人材と共に、「生産
能力」が一大資源になっているので、円高になる
訳)、スペースシャトルも、スマホひとつも、日
本の技術が無ければモノになりません。東北大地
震で、自動車部品工場が被災して、製造がストッ
プした際は、世界の自動車メーカの製造が止まっ
てしまったことは有名な話です。
所で、まともな自動車ひとつさえ作れない国(米
・中・露など)が、武器製造だけは長けている、
などとはあり得ない話(単なるおとぎ話)です。
では、何故、それらの国も優秀な兵器が作れるの
かと言えば、み~んな、断トツの日本製部品を使
っているからです(世界最強のF22ラプター戦
闘機も、日本製のステルス塗料あって、初めて存
在出来るのです)。中国など、日本からの部品が
一つでも止まったら、即刻、お手上げです(自動
車、ロケット、武器・・・)。今では、国際宇宙
ステーションへの補給機は日本の「こうのとり」
しかありません。

これほどの日本が、何故、単なる「交渉の材料。
自滅しつつある」に過ぎないのか! ですが、そ
れは多くの国民が、日本の軍事【力】を正確に理
解していないから、場合によっては、政府のトッ
プ官僚は勿論、自衛隊幹部クラスですら想像出来
ないのかも? から生じているようです(木を見
て森を見ず、状態)。
しか~し!!! 
実は日本は、世界最強の軍事力を持っている!
と言われても俄には信じられませんよね。でも、
平和憲法の下、専守防衛に徹してきた自衛隊です
が、今では、人知れず、世界一の軍事大国に変貌
しているのです。それは、ある意味、アメリカ、
ロシアさえも凌ぐ(中国など当然。歯牙にも掛け
ず)のです! 
ゆえに、世界最強なのです。

ここまで書いたところで、大晦日につき、他に用
事が出来ました。次回では、もっと、具体的に日
本の軍事大国ぶりを書いて見ます<例えば空想物
語として、もし日米開戦となれば、基地近くの米
軍家族を瞬時に確保します。人質です。あちらさ
ん側で、ワザワザ参勤交代状態にしてくれるので
手っ取り早いです(笑)>。

【乞う次号!】

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <正解は 【彼等は不正を信じ... | トップ | <日本は世界最強の軍事大国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。