アスカのブログ!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

<熱中症に水分補給は危険です!> 

2017-08-08 20:11:20 | 日記

ここ関西は連日の猛暑日に襲われています。でも
関東は気象庁長期予想に反して、曇り空も多く、
それほどでも無いようで羨ましい限りです。

サ~テ、相変わらず熱中症で倒れる人が続出で、
NHKニュ-スなどでも、毎日のように「こまめ
な水分補給を!」と連呼しております。このアナ
ウンサーの言葉を聞くたびに、私は、かえって、
熱中症を助長しているのでは無いか、と危惧しま
す。
皆さんも、夏や運動で汗をかくと、腕などの表面
がウッスラと白くなりますよね。アレ、何だとお
思いですか? 白カビですか?(笑) そんな事
はありませんよね。無論、体内から吹き出た塩分
です(舐めると辛いです)。この塩分、ただの塩
分ではありません。ミネラルも一緒に出ているの
です。
つまりは、汗をかくと、貴重な塩分・ミネラル成
分も一緒に体外に排出されてしまう、と言う事で
す。この時、水分補給だけして、ミネラル補給を
怠ったら、どれほど、体にダメージを与えること
か、想像が付きますね。その最たるモノが「熱中
症」なのだ、と私は思います。
疑う事を知らない善良な日本人は(笑)、ジイち
ゃんバアちゃんを筆頭に、天下のNHKの発表を
真に受けてしまい、水分のみを補給しがちです。
大切なのは、水分と共に塩分なのです。よって、
アナウンサーはこう言うべきなのです。「熱中症
対策には、こまめな塩水補給を!」と。
ただ注意すべきは、塩分と言っても、食卓塩(食
塩)はダメです。これは99%が塩化ナトリウム
で出来た精製塩で、極論すれば、人にとっては、
塩のまがい物なのです。化学工業で使われるNaCl
(化学薬品)そのものに過ぎません。
食すべき『塩』とは、海塩・岩塩など、ミネラル
(ナトリウム、カリウム、マグネシュウム、銅、
セレン、マンガン、ニッケル・・・)がタップリ
入った昔ながらの『アラ塩』なのです(塩入飴も
売られていますが、その塩分が何なのか、調べる
必要があります)。

厚労省は、塩分の取り過ぎは、高血圧や心臓病の
リスクを高めるので控えめに。一日6g以下に、
と口を酸っぱくして指導しています(これが為、
NHKなども、水分と言えても塩水とは口が裂け
ても言えないのかな?)。
然し、これはウソです! 血圧などに悪さをする
のは、塩化ナトリウム、即ち『食卓塩(食塩)』
の取り過ぎなのです。『アラ塩』を通して、ミネ
ラル成分をバランス良く摂れば、健康には全く問
題ありません。
私事ながら、私は、塩は一日20gをシッカリ取
るよう心がけています。もう、30年以上も昔か
らですので年季が入っています(爆)。お陰で血
圧は常に105以下です(^o^)  
万一、取り過ぎたとしても、全く問題はありませ
ん。体の恒常化作用が働き、余分な塩分は、汗
(運動や風呂など)、尿、便などでドンドン排出
されるからです。
体の熱源に一番大切なのは『塩』です。それを、
減塩・少塩にしたら体温が下がるに決まっていま
す。今日の日本人に多い『冷え性(万病の元)』
の最大の犯人は、この少塩化に起因するのは、先
ず間違い無いでしょう。こんな事は、ちょっとネ
ットを調べたり(*)、石原結實先生の『減塩が
病気をつくる! (青春新書) 2017/4/4刊』の著作
などから幾らでも分かることです<こんな私です
ら、大昔から既知の事なんですから(笑)>。
減塩は、食品添加物・成長ホルモン剤などの野放
しや、遺伝子組み換え品の認可など、日本人弱体
化・モルモット化政策の一つであるのは十分理解
できるところです<これ以上は、陰謀論に踏み込
みますので止めときます(笑)>。
とにかく皆様! 熱中症対策には【アラ塩入りの
水分補給!】、これで決まりです(笑) 
(スポーツドリンクは、かなりの甘味料が入って
いるので避けた方が良いみたい)

ついでに、思い起こせば高一の時、栃木県の那須
に10日ほど、庭球部(軟式)の夏季合宿で滞在し
ました。当時も連日の猛暑続きで、朝から炎天下
での練習中、汗ダラダラでしたが、休息時のテー
ブルには、お茶と共に塩が山盛りに置かれていた
のを覚えています。昔から塩水補給は常識だった
訳ですね<熱中症(当時は日射病と言われた)で
倒れたヤワは一人も居りませんでした(笑)>。


(*)減塩は万病の元(必見!) 
http://osio83.web.fc2.com/gennenn-1.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【医の文字】と【小林麻央さん】 | トップ | <続 今年は冷夏になるのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。