新・徒然煙草の咄嗟日記

つれづれなるまゝに日くらしPCにむかひて心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく紫煙に託せばあやしうこそものぐるほしけれ

南東北ドライブ旅行記 #1-1

2017-05-15 23:38:03 | 旅行記

「『ビバ初め』札幌旅行記 #3-2」つづきを書こうかと思ったのですが、交互に書いてきた「札幌(小樽)旅行記」「大阪(京都)旅行記」、それぞれ、小樽総合博物館・本館京都鉄道博物館と、どちらも鉄道に関する博物館の部分にさしかかっています。

このまま小樽総合博物館・本館京都鉄道博物館見聞録交互に書いていたら、鉄道ネタが続いてしまうわけで、こりゃちょっと… です。

そこで、「札幌(小樽)旅行記」「大阪(京都)旅行記」のどちらかが終わったら書き始めるつもりだった先日の南東北ドライブ旅行記を書き始め、鉄道ネタの間に割り込ませることにしました。

   

ということで、ドライブ旅行初日(ダイジェストはこちら)。

NEXCOの予測によれば渋滞は発生しない見込みの平日5月1日の朝、自宅で朝食を済ませた後、ドライブ出発しました。

この日もっとも道が混んでいた浦和の街を通り抜けてからは、予測どおり渋滞皆無の快適ドライブを続けることができました。

初日のドライブマップ

ただ、毎年この季節、フロントウインドに激突するが多くて、困ります
夏になれば、120km/hを超えない限り、フロントウィンドにぶつかるほとんどいないのに、この季節は、初心者が多いのか、100km/hをちょいと超える程度の速度でもフロントウィンドにはが次々とこびりついて行きます

がこびりついた状態でが降ってきて、ワイパーを動かすことになれば、油膜がフロントウィンドに広がることになってしまいますので、SA/PAで休憩のたびに、フロントウィンドの掃除をすることにしました。

そのフロントウィンドの掃除の最後は、磐越道を降りる直前の磐梯山SAで実施しました。
今回の旅行にあたって、ブルゾンを持っていくべきか迷ったのですが、どうせクルマで動くわけで、ちょっと荷物が増えたところで問題はなかろう、ということで、ブルゾンを持ってきました。

で、磐梯山SAでクルマから降りると、、、、寒い…

厚いが低く、磐梯山はほとんど見えません

天気予報では、きょう一日は天候がすぐれないとのことでしたから、しばし我慢

そして、サクラが咲いていました

東北道沿線では、那須の辺りから白河にかけてサクラが咲いていまして、半月ぶりくらいにサクラを楽しむことができたのですが、やはり東北ですなぁ~。

こうして会津涼しい空気深呼吸して、そして、フロントウインドを拭いてから、再びクルマを走らせると、すぐに会津若松IC

時刻は11:00ちょい過ぎたあたりで、これは喜多方ラーメンを食べるには絶好のタイミングでございます

というところで、きょうはおしまいにさせていただきます。

つづき:2017/05/24 南東北ドライブ旅行記 #1-2

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪でビバった旅行記 #2-4 | トップ | 「ビバ初め」札幌旅行記 #3-3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む