新・徒然煙草の咄嗟日記

つれづれなるまゝに日くらしPCにむかひて心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく紫煙に託せばあやしうこそものぐるほしけれ

東北ドライブ旅行ダイジェスト (3日目・最終日)

2017-05-03 21:01:52 | 旅行記

きょうの16時ちょい前頃、無事に2泊3日南東北ドライブ旅行を終えて帰宅しました。
ということで、「東北ドライブ旅行ダイジェスト (2日目)」のつづきです。

3日間の総走行距離は約890kmでした。
んでもって、きょうの旅程は以下のとおり。

ホテル(米沢)R13(福島市飯坂)県道(飯坂温泉)R399(伊達市)R349(伊達市)R115相馬玉野IC⇒東北中央道(無料開放中)⇒相馬山上ICR115相馬IC常磐道いわき中央ICR49R6(常磐BP)県道アクアマリンふくしま県道R6(常磐BP)R289 BPいわき勿来IC常磐道三郷JCT東京外環道外環浦和ICR298ほか⇒自宅

この旅程を決めたのは、けさのこと。

米沢市内は、「米沢上杉まつり」の当日ということで敬遠し、次に思いついたのは、福島市にある福島県立美術館を見物すること。
前回、福島県立美術館に行ったとき(記事はこちら)、企画展だけでなく、常設展も面白かったですから…。

ところが、今、福島県立美術館で開催されている企画展は、「ミューズ:まなざしの先の女性たち」と題する国立西洋美術館所蔵展です。
この展覧会のフライヤーを飾るマリー=ガブリエル・カペ「自画像」は確かに魅力的な作品ではありますけれど(こちらの記事をご参照方)、自宅から電車数十分で行ける国立西洋美術館のコレクションを、わざわざ福島で観るまでもなかろう と思った次第です。

日本画や浮世絵版画だと、常設展示でお目にかかる機会はそうそうあるものではないのですが、油絵だと、常設展で「常設」されていることが多いですし…。

そして思いついたのは、いわき市にあるアクアマリンふくしま

いわきには何度か出かけたことがありますが、すべて「出張」でして、プライベートでのいわき訪問一度もありません
しかも、3・11以降は、仕事でも行っていない… 

そんなわけで、米沢から福島市通り越して相馬まで行き、帰宅困難地域を通る常磐道を走りアクアマリンふくしまに行くという旅程を組んでみたわけです。

そして、初めてのアクアマリンふくしま、ホント、楽しかった

海遊館とか美ら海水族館にも負けていませんぞ

名物のイワシの大群凄いのですが、

私としては、本館の展示冒頭のクラゲ(カトスタイラス・モサイカス)に打ちのめされました

時間に余裕があれば(帰りの心配がなければ)、いつまでもその動き見つめていたい気分…。

クラゲ、かわいいですぞ

そうそう、「海洋深層水仕立て」だというシーラカンス アイス最中美味しかった

生きているシーラカンスグロかったけど…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北ドライブ旅行ダイジェス... | トップ | 「ビバ初め」札幌旅行記 #3-2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む