新・徒然煙草の咄嗟日記

つれづれなるまゝに日くらしPCにむかひて心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく紫煙に託せばあやしうこそものぐるほしけれ

大阪でビバった旅行記 #2-9

2017-06-30 22:11:57 | 旅行記

2週間ぶり「大阪でビバった旅行記 #2-8」のつづきです。

ここ数年、京都・奈良に出かけるたびに、高校の修学旅行で見物したスポットを重点的に見物して、追体験しているのですが、つくづく思うのは、なんと短い期間数多くの観光スポットを巡ったものだということ。
何度京都・奈良に出かけても、「追体験」終わらず、あの弾丸ツアーは何だったんだ と半ば呆れています。
貸切バスだからできた観光スポット巡りだっただろな、と思ったりして…

京都鉄道博物館の見物を終えた私は、まだ「追体験」が終わっていない観光スポットの中から、今回は銀閣寺こと慈照寺にに出かけてみることにしました。

でもその前に昼食

時刻は12:45過ぎで、ラッシュを避ける意味ではちょうどよい時間帯です。

ところが梅小路公園周辺を歩いてみたものの、めぼしい食事場所見つかりません

そこで、一旦、バス京都駅に戻り、昼食を摂ったのち、京都駅前からバスに乗って銀閣寺に向かうことにしました。
せっかく「市バス・京都バス一日乗車券カード」を買ったのですし…

そして、京都駅前地下街ポルタで、京料理のランチをいただきました。

いつも京都での食事は、混んでる 高い 全国チェーンの店じゃイヤ と苦労してきた私でしたが、今回は満足

こうしてお腹満たされた私は、市バスの「100号系統」に乗って銀閣寺へと向かいました。

この路線、京都国立博物館・三十三間堂、清水寺、八坂神社、岡崎公園・平安神宮、京都市動物園と、京都でも名だたる観光スポットを通って銀閣寺へと至るドル箱路線で、外国人を含む観光客ビッシリと混んでいました
幸い、私は始発京都駅前から座れたから良かったものの、ずっと立ちんぼ銀閣寺まで行くのはかなり辛いだろうと思いました。
もっとも、乗客の乗り降りはかなり多くて、銀閣寺まで行くのだったら途中で座れる可能性はけっこう高いとおもいますけど…

そうそう、途中、バスは、、、、

泉屋博古館の前を通りました。

私は、おぉ、こんなところに泉屋博古館があるのか と思わず写真を撮ってしまったのですが(東京・六本木分館があります)、この泉屋博古館(せんおくはくこかん)は、旧住友財閥・住友家のコレクションを展示する施設です。
英文呼称が「Sumitomo Museum of Art」というところからも想像に難くありませんよね。
ただ、ここのコレクションの中心は中国の古美術ということで、ちょっと私の守備範囲を超えるわけで…

そういえば、私のこのブログへのアクセス状況を眺めると、「ロングセラー」的にアクセスしていただいている記事が旧三大財閥三井・三菱・住友マークについて書いた「井桁と菱を調べてみた話」で、その中で、

でも、「三井⇒井桁」「三菱⇒菱」は容易に結びつきますが、どうして「住友⇒(菱)井桁」なんでしょうか?

として、泉屋博古館についてもちょっとだけ触れております。
ご興味がおありでしたらお読みいただければ幸いです。

まだ銀閣寺たどり着いていませんが、明日から「MISIA SUMMER SOUL JAZZ名古屋遠征で、その準備をしなければなりませんので、きょうはここまで。

つづき:2017/07/06 大阪でビバった旅行記 #2-10

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南東北ドライブ旅行記 #1-8 | トップ | 祝「MISIA SUMMER SOUL JAZZ ... »

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事