旅する小林亜星

小林亜星情報満載

仲直

2008-02-07 17:38:35 | 青春生き残りゲーム
2年前に卒業した、
2年間働いた就業先の課長は
2回のあたしの送別会を欠席した挙句、

あたしの仕事最終日当日になって休暇をとりやがり
結局あたしは挨拶ができぬまま、そこを去った。

新しい就業先に行ってからメールを何度かやりとりして
会おうかという話もでたけれど
そんなこんなで2年経ってしまった。

一時はスイカ酎杯で島インフルエンザ!にかかってしまえと思うほど嫌いだったのだけれど

彼の部下ではなくなってから

なんだか仕事という関係抜きで会ってみたいと思っていたのは事実で
それはけれどくすぐったいというか
怖いもの見たさというか
そんな感覚で

どんなひとと会うにもほとんど物怖じしないあたしだけれど
彼とさしのみというのはやはり勇気が出なかったので

2年ぶりに会う口実に
女友達を紹介することにした。

あたしと男のタイプがほぼ同じな彼女と彼は
うまくいくかもとも思ったわけで。

散々前置きを書いてみたけれど
久々に会った課長は相変わらずの美尻で

けれどお互いに肩の力が抜けてたよで
あたし的にはすごく楽しかった。

驕りかもしれないけれど
課長はあたしのことをひとりの人間として認めていたのだと思う。

あたしが課長を好きだったよに
彼もあたしを好きだったんじゃないかとも思う。

だからあたしがそこを去ると決めたとき
あたしのそこの去り方に納得がいかなかったのかもしれないとも思った。

課長もあたしも相変わらずの幼さだ。

改札で別れるとき
課長から握手を求めてきた。

くすぐったかった。
和解というより仲直りをした。

そんな品川の夜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな夜にはこんな読書「彼... | トップ | 働休 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まりも)
2008-02-07 19:01:15
そんな関係をあたしは望んでるのかも…。

って今さら気付きました。



あたしが想ってるように

あの人も想ってればいいのに。
Unknown (アキ男。)
2008-02-08 00:24:27
>そんな関係

妄想するのはただですからね。
所詮、あたしのはオナニーです・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。