Danny Boy

とりとめもなく日記を書いています

22年目の告白

2017-06-10 15:43:35 | 映画
小出くんの件、ショックですね。
特にファンってわけじゃないんだけど冬にNHKであったスリルってドラマが面白かったので続編が作られないかな〜って待っていたんですよ。
これで完全に目が無くなった・・。
なんかもう芸能人は2世もダメ、真面目そうに見えてもダメ、悪そうなのはもっとダメって感じでまともな人はいないみたいですね。
活動できている人はバレていないだけか事務所が揉み消したか・・。
きっと自分が好きな俳優さんも不倫か淫行か薬でそのうち自粛に追い込まれるんだ・・。(-_-;)
豪華キャストの映画はそれだけリスクが高まるけど銀魂は大丈夫かな?

さて、今日はサスペンス系の映画を見てきました。
藤原くんの映画だったのでクズの映画だと思っていましたが違いました。
二転三転するストーリーで面白かったです。
そうきたか、トオルちゃん!って感じでした。
あぶ刑事のトロい動物だったトオルちゃんがいい役者になったよな〜(;_;)としみじみ。
藤原くんはねぇ、クズじゃないとつまんない。(^_^;)
もちろん上手いし迫力もあるし昨日のリバースとは180度違う表現ですごいなとは思うんですけどね。
最後にざまーみろって思うかこいつ殺す!って思わないと藤原くんの映画な感じじゃないんだよな。(^_^;)
それに22年前に連続殺人をする犯人にしては若すぎない?
ちょっと違和感を感じたキャスティングでした。
伊藤さんは始終苦しそうな表情でつらかったですね。
犯人を憎む刑事さんだから仕方がないんだけど笑顔が素敵だからな・・。
今回は若い時もやらないといけないからよけいに大変でしたね。(^_^;)
後は野村くんはいらんかったな。(^_^;)
そこはもう少し地味な俳優さんでも良かったのに・・って思いました。
自分的には今一番なんかやらかしそうな俳優さんってイメージで安易に配置してほしくないんですよね。
でもこいつが捕まると帝一が・・。(^_^;)
連続殺人だったからたくさんの被害者の思いが入り交じってて面白い映画でした。
現実世界では時効を迎えた犯人はのうのうと生きているのかな?
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おんな城主直虎 | トップ | おんな城主直虎 »
最近の画像もっと見る