Danny Boy

とりとめもなく日記を書いています

ポケモンムービー

2017-07-16 02:20:36 | 映画
今日から妖怪ウォッチの前売券が発売で怖いもの見たさに買ってしまいました。
一方でおもちゃ売り場でジャラがほしいんじゃらって言ってジャラをもらってきました。
レベル5はうまくイチオシゲームを移行できるのかな?

さて、次はポケモンです。
今年は20年目のアニバーサリーイヤー。
一度原点に戻って・・という映画が作られました。
内容はどうかというと・・悪くはないという感じかな。
まず、絵がTVアニメと違って従来通りで良かったです。
TV版の変わったバージョンの絵は嫌いなんだ、手抜きな感じが・・。(^_^;)
そしてオープニングが最初のテーマソングでうれしいです。
やっぱりこの曲がかかるとテンション上がるわ〜。
最初からということだったですがタケシやカスミは出てこなくてがっかりしたところエンディングでサトシと一緒に旅をしてきた人がひととおり出てきてこちらも涙が出るほどうれしかったです。
最初の頃のエピソードもピカチュウとのやりとりやヒトカゲの出会いと進化、バタフリーとの別れなどが再現されてて懐かしさ満点だったのも良かったですね。
まぁリザードンが進化直後は全く言うことをきかないというところは最後のほうで襲ってくる側との勝負に影響がありすぎなので無かったですが・・。
後はピカチュウのかわいさがてんこもりで良かったです。
悪かったのは・・まぁ安易に感動というか泣かせようとする感じがいやらしかったのと今回の幻のポケモンがかわいいのに容赦なく邪悪だった点。
後はロケット団の最初の頃の口上がなかったところもマイナスでした。
いまもってレギュラーで活躍してるんだから、なんだかんだと聞かれたら・・ってのはぜひ入れて欲しかったです。
まぁそんなところでしょうか。
20年目としてはまぁこんなものかな。
自分は全部見てるわけじゃないけど・・。(^_^;)
まだ続くみたいだから頑張って欲しいけど次回はTVアニメと同じ絵なのかな〜(-_-;)
まぁまた来年のお楽しみです。
しかしもうサトシのピカチュウはいらないかな・・。(^_^;)
今までも散々配信されてゲームの中には何匹もいるので・・
最高とはいかなくとも感動する良作な映画でした。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀魂 | トップ | カーズ »
最近の画像もっと見る