Log Book

日々の日記など

籠や

2015-03-31 | グルメ
今日のランチは、籠や。

流石に暑くなってきたので、今日は冷やしで、
ゴマだれ冷やしうどん(山菜ご飯おにぎり付き)900円。

無類のうどん好きと言う訳でもないのだけど、
今日もうどんになってしまった(笑)

うまぁ

-----
籠や
東京都港区赤坂3-13-3 みすじ313ビル1F
03-3585-1287
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月30日(月)のつぶやき

2015-03-31 | つぶやき

夕飯食い過ぎたと後悔。ストレスかな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野らぼー

2015-03-30 | グルメ
今日のランチは、野らぼーで
今日の定食=牛肉のオイスターソース丼850円。
うどんは、釜玉生醤油うどんにしました。

ちょっと早めにきたのに行列!!
でも、回転は早いので、それほど待ちません。

うどんに米って、炭水化物取りすぎだな(苦笑)
軽くしようと思ってうどんにしたんだけど、
実は、逆効果だったかもね(苦笑)。

-----
讃岐うどん 野らぼー 大手町店
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル B2F
03-3287-0023
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月29日(日)のつぶやき

2015-03-30 | つぶやき

「サントリー美術館 『若冲と蕪村』」行った goo.gl/PUMohV


時計を使う機能が原因っぽいな RT @mainichijpnews: 三菱電機:液晶テレビ「リアル」で障害 原因調査中 bit.ly/1IHbbmd


不忍池六角堂への参道は大混雑。露店が邪魔なんだな #上野 #桜 pic.twitter.com/JaINziOgRU


【全国のトップを切って 東京で桜満開】 tenki.jp/forecaster/dia… 3月29日午後2時前、全国のトップをきって、東京でサクラ(ソメイヨシノ)が満開になりました。平年より.. pic.twitter.com/jB40ci0tCi

a_logさんがリツイート | 1324 RT

雨が降りそうな雰囲気になってきた


もう少ししたら雨が降りそうな雰囲気になってきた


これは、ソメイヨシノじゃ無いな。ソメイヨシノよりも、ピンク色が濃いです。 #上野 #桜 pic.twitter.com/zMm5Ax7ucK


「東京ステーションギャラリー 『ピカソと20世紀美術』」行った goo.gl/OrCENS


これはやばいね。乗客は、何が起きていたか分かっていたということだよね。 RT 「ドアを開けろ」 墜落ドイツ機の機長が絶叫(AFP=時事) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ステーションギャラリー 『ピカソと20世紀美術』

2015-03-29 | 美術館・博物館
午前中は晴れましたが、昼になる頃から怪しい雲行き。
東京は、全国の先頭を切って桜(ソメイヨシノ)満開宣言らしいんですけどね:-p

そんな日曜日は、東京ステーションギャラリーで
先週の春分の日から開催されている『ピカソと20世紀美術』に行ってきました。
3月14日に北陸新幹線が金沢まで延長開業したのですが、
それの記念行事ということで、展示作品の多くを
富山県立近代美術館のコレクションから持ってきたようです。
って言うか、北陸の美術館と言えば金沢21世紀美術館が有名ですが、
そっちじゃなくて、富山県立近代美術館なんですね。
まぁ、金沢21世紀美術館は、建築物的な作品が多いようだし、
東京には持ってきにくいのかな?
金沢21世紀美術館は、現地に、行って、見て、触って
と言うことなのかもしれませんね。

ピカソといえば、キュビスムですが、彼はそればかり書いていたわけではなくて、
初期の頃は、普通(失礼)の作品も描いているんですよね。
その一つが、ブリヂストン美術館の《腕を組んですわるサルタンバンク》なんですが、
それと似た構図の作品がありました。
《肘かけ椅子の女》です。
左斜め前からの構図は似てると思いました。
あと、描かれている人の顔そのものも、似ているかな~。
ピカソが描く人の顔って、こう言う顔なんですね。

展覧会のタイトルに“ピカソ”と入っていますが、
展示されているのはピカソの作品だけではありません。
カンディンスキーとか、シャガールとか、ルオーとか。
近代美術、現代美術の展示ということなんですね。

正直、近現代美術って、良く解らないと思うことが多いんですが、
物によっては、エネルギーを感じたりするものも有るなぁと今回再認識。
近現代美術を十把一絡げにしちゃダメですね。

今回の収穫は、アンディ・ウォーホルの《マリリン》かな。
教科書では見ないかもしれないけど、雑誌とか、
何やらかんやらで、目にしたことがあると思います。
それです。
これだけで、来た甲斐はあったな。








名称北陸新幹線開業記念
ピカソと20世紀美術
富山県立近代美術館コレクションから
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201503_PICASSO_and_20.html
会期2015年3月21日(土)~2015年5月17日(日)
会場東京ステーションギャラリー
当日観覧料一般1000円、大学・高校生800円、中学以下無料
開館時間10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
毎週金曜日:10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日月曜日(5月4日を除く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サントリー美術館 『若冲と蕪村』

2015-03-29 | 美術館・博物館
昨日(2015/03/28)の午前中は国立新美術館での
『マグリット展』に行っていました。

そしてランチを挟んでの午後、
今度はサントリー美術館の『若冲と蕪村』にGO!
いやぁ、忙しい(笑)。

『マグリット展』が、以外にも空いていたので油断していたら、
こちらの『若冲と蕪村』の方は、結構な人の入り。
う~ん、最近何だか若冲人気ですからねぇ。
そうか、ハマったか(苦笑)。

この二人、同い年で、40歳代の頃には京都の四条付近で、
近所に住んでいたらしいんですが、何故だか書状に互いの
名前が書いてあるものは皆無らしい・・・。
だいぶ意識していますね。

若冲の《寒山拾得図》の、こちらを向いているのは寒山だっけかな?
いい笑顔で、幸せになりますねぇ。

あと、これも若冲ですが《象と鯨図屏風》。
象が不思議。
象と言えば象ですけど、足がねぇ。
陸の王者と海の王者のエールの交換見たいな雰囲気ということらしいです。

蕪村の《山水図屏風》は、質実剛健な感じで、
これはこれで、また良いです。
銀箔の上に描かれた山水画は、何とも言えない強さを感じました。

それにしても、若冲の作品には、意外にコミカルな雰囲気の
物が多いのにはビックリ。
だから人気も有るんですかねぇ。

中身は充実。
思ったよりも意外に混んでいますが、結構良かったです。








名称生誕三百年
同い年の天才絵師 若冲と蕪村
会期2015年3月18日(水)~5月10日(日)
会場サントリー美術館
当日観覧料一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料
開館時間10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)
※5月3日(日・祝)、4日(月・祝)は20時まで開館
※4月25日(土)は「六本木アートナイト」のため24時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日火曜日
※5月5日(火・祝)は20時まで開館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月28日(土)のつぶやき

2015-03-29 | つぶやき

「国立新美術館 『マグリット展』」行った goo.gl/i4l8k7


明日は、横須賀の米軍基地公開に行こうと思っていたんだが、何やら昼頃から雨の予報。雨の中、セキュリティチェックを待つのは辛いので回避することにします。まぁ、ちょうどいいんで、野暮用をこなすか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立新美術館 『マグリット展』

2015-03-28 | 美術館・博物館
桜開花!
そんな週末は、今週水曜日の3/25より開催の
『マグリット展』に行ってきました。

国立新美術館前と言うか、隣の政策研究大学院大学の桜は、
3分咲きくらい。
満開までは、もう少しかな。

さて、いつもの如く、会場間もない時間帯の到着を目指したんですが、
何かと雑用をこなしてから出発したら、到着は、10:40過ぎ。
国立新美術館に向かう人の波が結構有ったんで、ビビったんですが、
それは、同じく国立新美術館で開催中のルーブル美術館展への
人達の様でした。
マグリット展の方は、まぁ、程々の混み具合。

不勉強だったんですが、マグリットって、1967年ですから、
まぁまぁ最近まで生きていたんですね。
戦前くらいかと思っていました。

彼の作品をひと通り見てみて、シュルレアリスムだったり、
印象派だったり、フォービズムだったりと、色々な芸術の
潮流に影響されたりしているんですねぇ。

シュルレアリスムの頃の作品は「あ、キリコだ。」とか
思ってしまいました(苦笑)。
マグリットのシュルレアリスムの作品は、
ダリじゃないですね、キリコですね。

面白かったのが、《目》と言う作品。
これが壁にかかっていたら、文字通り「壁に目あり」ですね。

不思議なのが、青空を描いているのにタイトルが《呪い》と言うもの。
う~ん。
こう言う風に悩ませるのが、マグリットの狙いなんですかね?

《白紙委任状》は、なんか、007の映画のタイトルみたい。
いわば、だまし絵みたいなもんなのですが、
ちょっと空間感覚が変になりそうです(笑)。

さてさて、今回も音声ガイドをレンタル。
今回のナビゲーター・・・と言うか、
“謎の山高帽の男”は石丸幹二さん。
なかなか渋い声で、良かったです。

最後ですが、思ったよりも空いていて、ユックリ見ることが出来ました。
なかなか良かったです。









名称マグリット展
http://magritte2015.jp/
会期2015年3月25日(水)~6月29日(月)
会場国立新美術館
当日観覧料一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料
開館時間10:00~18:00。金曜日は20:00まで。
4月25日(土)は22:00まで。
5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20:00まで。
※入館は閉館の30分前まで。
休館日毎週火曜日
※ただし5月5日(火)、5月26日(火)は開館
巡回展2015年7月11日(土)~10月12日(月・祝) 京都市美術館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅乃舎

2015-03-28 | グルメ
土曜日のランチは、六本木に出没。
と言うことで、ランチはミッドタウンの茅乃舎。

久しぶりに行ってみたら、イートインスペースが拡大していました。
って言うか、イートインが拡大されているのは良いんだけど、
座席の間隔が狭い!
各テーブル毎に椅子を一個減らして、椅子間隔を開けられないものか。
荷物も満足に置けなくて、困りました。

さて、発注は、十穀茅汁(おにぎり二個セット)910円。
おにぎりは、白米・十穀米それぞれ一個づつ。
おにぎりのつけあわせはゴマ醤油と海苔の佃煮。
写真では、手前に見えるおにぎりの上が白米おにぎりなんですが、
白飛びして見えませんね。

料理は旨いです。
十穀茅汁は、デフォルトではパンチがないと思いましたが、
生七味を入れたら味が締まりました。
因みに、生七味をそのまま舐めたら、凄かった(笑)
こりゃ、入れ過ぎ注意ですね。

-----
茅乃舎 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア B1F
03-3479-0880
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月27日(金)のつぶやき

2015-03-28 | つぶやき

電車内にて、絶賛暑さ我慢大会開催中


コメント
この記事をはてなブックマークに追加