Log Book

日々の日記など

鳥酎

2014-07-31 | グルメ
今日のランチは、鳥酎で宮崎風漬け鶏南蛮定食780円。
どこに行こうかと、迷っているうち、気が付いたら来ていた(笑)

暫く来ていなかったのですが、同じビルの一階に、
天丼金子屋(金子半之助の赤坂店的ものの様)が出来ていました。
チョー並んでいたので、何かと思ったよ。

明日は人間ドックなので、本当は軽く行かなければならないのに、
お腹一杯と言う罠(苦笑)。
って言うか、昨日も鳥で、今日も鳥か。

-----
酒ぐら 鳥酎
東京都港区赤坂2-9-2 松田ビルB1
03-6459-1585
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月30日(水)のつぶやき

2014-07-31 | つぶやき

ムシムシ感アップ 西日本中心に不安定 tenki.jp/forecaster/dia… 今日の最高気温は全国的に昨日と同じくらいですが、ムシムシ感がアップ。西日本は一段と蒸し暑くなり、東・北日本も昨日のようなカラッとした暑さではありません。湿気の多...

a_logさんがリツイート | RT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佳佳

2014-07-30 | グルメ
何となくガッツリと行きたい気分だったので、
今日のランチは、佳佳で油淋鶏800円。
だいぶ久しぶりだったりもします。

ここの鶏は、期限切れで無い事を祈ります(笑)

いつもどおり、たっぷりの油淋鶏。
あぁ、パクチーで死にそう(苦笑)

-----
佳佳
東京都港区赤坂1-1-16 細川ビル1F
03-3585-5148
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月29日(火)のつぶやき

2014-07-30 | つぶやき

気温は西ほどウナギ上り tenki.jp/forecaster/dia… 昨日は北陸・東北で梅雨明けが発表。今日は土用の丑の日。最高気温は北日本は30度前後、東・西日本は軒並み真夏日とまさに夏本番。ただ、暑さの性質は違い、北・東日本よ...

a_logさんがリツイート | RT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉野家

2014-07-29 | グルメ
土用の丑の日ですからね、鰻ですよ。

でも、赤坂で有名な鰻や「ふきぬき」は、
店の外まで行列。
店の外では、弁当を売っていました。
行列と価格的に、ふきぬきはさすがに無理なので、
簡易的に吉野家で鰻です。

発注は、鰻丼二枚盛り(単品)1080円。

まぁ、ふきぬきには比べるべくもないけど、
とりあえず、土用の丑の日に鰻を食したと。

-----
吉野家 赤坂三丁目店
東京都港区赤坂3-12-11 ニューギンザビル7号館
03-3560-7258
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月28日(月)のつぶやき

2014-07-29 | つぶやき

確かに、昨日よりは楽かな? RT 猛暑落ち着くが 油断なく(日直予報士) flip.it/KiO5A


カフェ・ベローチェ。喫煙と禁煙のフロアに別れているはずだが、禁煙フロアなのにタバコ臭い。


昨日までよりは、暑さは少し楽だな


偏向かどうかは別にして(偏っていたとは思うけどね)中身の無い番組だったな RT 【STAP問題】「見るに堪えない偏向番組」小保方氏はNスペ見ず  - MSN産経west sankei.jp.msn.com/smp/west/west_…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルー・ド・メール (Loup de mer)

2014-07-28 | グルメ
先週よりも、暑さは若干楽ですね。
そんな今日のランチは、ルー・ド・メール。

前から来てみたいと思っていて、ようやく今日、
そのチャンスが巡ってきました。
早めに着いたんですが、既に行列が形成。
並んでいるのは、ほんの数名ですが、仕方ないので並びます。

お店は、事務所とかが入っていそうな、普通の雑居ビルの2階です。
最初、気付かなくて通りすぎてしまいました。
並んだのは、それが原因?

通路に並ぶんですが、本当に普通の雑居ビルなので
通路にエアコンは有りません。
暑いです。
昨日ほどの暑さで無くて良かったです(笑)。

何人か出ていったんですが、入店した客の数は、
出ていった客の数よりも少なく、計算が合いません(苦笑)。
暑いんで、早く中に入れて欲しいです。
中を見ると、女性客が多いんで、回転の悪さは・・・

結局、入店まで15分くらいの待ち時間でした。
客層からいって、15分で済んだのはラッキーだったかな。

発注は、Bセットのドライカレーのオムレツのせ(スープ付き)1000円。
単品だと900円。
雰囲気的に、何となく料理提供迄の時間は、長そうと思いましたが、
それほどでもなかったです。5分強くらい。

スープは、きちんとコンソメ味。オニオンが効いています。
何の味だかわからない、謎のスープを出す店が多い中、これは美味。

ドライカレーと言う事ですが、完全ドライではなく、
キーマカレーと言う雰囲気。
中辛で、スパイシーなのも良いです。
美味。

上に乗ったオムレツは、中が半熟。
カレーと混ぜながら食べると、マイルドになります。

いやぁ、美味でした。
また来たいです。

-----
ルー・ド・メール (Loup de mer)
東京都千代田区内神田3-10-7 斉藤ビル 2F
03-5298-4390
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月27日(日)のつぶやき

2014-07-28 | つぶやき

「幕張メッセ 『宇宙博2014-NASA・JAXAの挑戦』」行った goo.gl/CCxfz6


マヂでか! RT 関東甲信、激しい雨や雷に注意 - goo ニュース news.goo.ne.jp/topstories/nat…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幕張メッセ 『宇宙博2014-NASA・JAXAの挑戦』

2014-07-27 | イベント
先週土曜日から開催の、幕張メッセで行われている
『宇宙博2014-NASA・JAXAの挑戦』
に昨日(2014/07/26)行ってきました。
やっと記事がまとまったので、UPします。

宇宙モノで、しかも、夏休み期間ということで大混雑を予想。
幕張メッセには、開場間もない時間(と思っていた)の
10:00頃に到着しました。
(でも、開場って、9:30だったんですね。)

海浜幕張駅から会場に向かう人の群れはあるものの、
入口に到着してみると、行列対策のためのスペースや、
行列を形成するためのテープなどの設備は整っていますが、
行列の欠片もなし。
ちょっと拍子抜けです。

入口から中へ。

ロゴが、雄々しくお迎えです。

早速中に入ろうとすると、
「いま、前の方の順番なのでお待ちください」
みたいなことを言われて、係員に静止されました。
「何の順番?」とか思いながら、若干待って、中へ。
2011年7月8日のSTS-135、スペースシャトル・アトランティスによる、
スペースシャトル計画最後のフライトの映像が待っていました。
時間にして、30秒ちょっと。
でもこれって、「お待ちください」とか言って、
待たせるほどのものか?
別に素通りしたければ、通せば良いのにと思いました。

そのSTS-135打ち上げ映像の先には、こんな雰囲気の通路。

ここが狭いから、客のフロー制御しているのかな?
でもまぁ、何となく、雰囲気は盛り上がります。

盛り上がった通路の後は、ヒストリーゾーン(?)。

ジュール・ヴェルヌの小説にでも出そうな雰囲気の展示スペース。
ますます、雰囲気は盛り上がりますね。

で、この前に行くと、まずは米ソ宇宙開発の歴史。
スプートニクのレプリカです。

狭い通路の左右をアメリカ・旧ソ連に分けて、
宇宙開発の歴史などの展示があります。

人類で初めて宇宙に飛び出したユーリイ・ガガーリンは当然のこととして、
アメリカ側の宇宙飛行士としては、アラン・シェパードがフィーチャー
されていましたね。
アメリカ人で初めて宇宙に言ったのがアラン・シェパードだからかな?

これは、ライス大学でアメリカの宇宙計画について演説するJFK。

ちなみに、テレビはゼニス。

アメリカのロケットのラインアップ。

サターンが大きすぎるので、変な角度になってしまいました。
一番手前は、V2。一番奥はスペースシャトル。
なんでV2が並んでいるかというと、それは、だってアメリカの宇宙開発は、
フォン・ブラウンを抜いては語れないですからねぇ。
そして、フォン・ブラウンと言えば、V2も避けられません。

これは、サターンⅤの1/10模型。

1/10でも大きすぎ。全然全体が写りません。
これは、第一段です。

そしてこれが、第二段。

あんまり何も考えずに撮ったので、端が見きれてしまいました。

最後に第三段。


司令船が分離されたところ。

第三段ロケットには、まだ、月着陸船が残っています。

宇宙服類の変遷も展示。
これは、アメリカ空軍の高高度用与圧服とヘルメット。

全然、宇宙服という感じではないですね。

マーキュリー計画の宇宙服。

我々が馴染みの宇宙服よりも、だいぶ、薄い感じですね。

ジェミニ計画の宇宙服。

だいぶ宇宙服のイメージに近くなってきました。

これは、アポロ16号の時に使用されたジョン・ヤング宇宙飛行士の船内服。

ジェミニ計画までは、宇宙服は一度着るとそのままでしたが、
アポロの時は、必要に応じて、脱ぎ着出来たと言うことですね。

そしてこれが、アポロ計画の時の宇宙服。

イメージ通りの宇宙服ですね。

面白いのがこれ。

スカイラブ計画の時の宇宙服修理キット。
一体どうやって直すのか?

さて、アポロといえば月ですが、こちらは旧ソ連の月面探査車。

2つ見えるレンズ(?)が、目のように見えます。
映画のウォーリー(WALL・E)見たいな顔ですね。
旧ソ連では、人の月面着陸は実現していないので、
これは無人探査車と言うことになります。

そしてこちらが、アポロの月面探査車。

こんな間近で見るのは初めて。
月面には、アメリカしか到着していないのに、
わざわざフェンダーに星条旗が書いてありますね。

これは、アポロの月着陸船。もちろんレプリカ。

「アポロ13にそっくり!」とか思ってはいけません。
逆です。アポロ13がそっくりに作ったんです。

さて、月着陸船も、すんなりとあの形状になった訳ではなさそうです。





プロトタイプA~Cあたりまでは、下手なB級SF映画チックですね。
プロトタイプEで、だいぶ、本物のイメージに近くなってきます。

マーキュリー宇宙船(レプリカ)です。

中は、結構狭いです。

反対側からは、こんな感じ。


その隣には、ジェミニ宇宙船(レプリカ)。

ジェミニ計画では、二人乗りになっています。

反対側からは、こんな感じ。


マーキュリー計画・ジェミニ計画と来たら、次は、アポロ計画。
アポロが地球に帰還した時のパラシュートが展示されています。
大きいので、遠くから撮影。

まるで囲った辺りに、焦げがあります。
実物ということですね。

接近します。
司令船(レプリカ)です。

耐熱加工がされていない状態のもののようです。
金属光沢のある司令船というのも、なんか珍しいですね。

3人乗り

中は狭いです。

計画的には、アポロ計画の後にスカイラブ計画。

そして、そのスカイラブ計画のあとが、
スペースシャトル計画ですね。

アトランティスの頭を模したものがあります。

上に上がることが出来ます。
中には、コクピットが再現。

映画などで、見るイメージですね。

NASAの展示は、ここまで。
ここから先は、JAXAの展示。

スペースシャトルのすぐ近くには、はやぶさが展示されていました。

近いし、角度も平面なので、全体像を撮るのに一苦労。

こちらは、JAXAのロケットラインアップ。

一番手前の、M-Ⅴ(手前の小さいもの)から、
最新最大のH-ⅡB(奥の一番大きいもの)まで展示されています。
M-Ⅴは、光の中に隠れてしまって、見えにくいかも。
昨年一斉を風靡したイプシロンは、無いですね。
JAXAのHPを見ると、イプシロンは打ち上げに成功したものの、
まだ研究・開発中のものであって、運用中のものではないらしいです。
だから、展示されていないのかも。
でも、グッズショップには、イプシロンのぬいぐるみもあるんで、
どうかなぁとは思いますが?

ここから日本のロケット開発は始まりました。

ペンシルロケット(シリーズ)です。
手前の横たわっているのは、二段式ペンシルロケット。
初代のペンシルロケットは、奥の真ん中に立っているものです。

国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」の模型も展示されています。

これも大きいので、全体は中々撮れません。

中は、筑波宇宙センターに有るものよりは、簡略化されていますね。
中で、若田宇宙飛行士が交信している様子は流されていましたが、
リアルを求めるには、ちょっと期待はずれ。

その期待はずれ感を癒やすためにか(?)、
野口宇宙飛行士と

古河宇宙飛行士のサインがありました。


その他、順不同です。

これは、再使用ロケットの研究モデル。

この立った形態で、発射・着陸すると言うもの。
カウルを被った状態でのカットモデルもありましたが、
こちらはケルトン状態での展示物。
面白いのが、そのカットモデルには、
「これは新しいタイプのロケットです」
※ノーズフェアリングではありません。

と表示してあったところ。
間違う人が多いんでしょうね。
それにしても、そこまでムキになるか(笑)?

ESAのアリアンも展示。

模型ではありますが、アリアンは、初めて見たかな?
ペイロード部分が、カットされたモデルです。
左右のブースターには、ESA参加各国の国旗がマークされています。

これは、火星探査機「のぞみ」(PLANET-B)です。

スイングバイに3回成功するなどの成果を上げましたが、
飛行途中に故障し、火星周回軌道投入は断念されました。
ただ、この時に培ったスイングバイ技術などが、
後の、はやぶさに活きるんですよね。

これは、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」。

帆を広げて、太陽光を浴びることで、
燃料を消費すること無く、宇宙空間を飛行するというもの。
小さく見えますが、実際の帆はこんな感じで、大きいです。

これは、実物の、1/4だと思います。

国際宇宙ステーションISS。

これも、近くからだとよくわからないですね。

こちらは、マーズ・サイエンス・ラボラトリーのキュリオシティ。

「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」と言うのが、
NASAの火星探査ミッションで用いる宇宙船名らしいです。

NASAの商業軌道輸送サービスプログラムに参加して
開発が進められているドリームチェイサー。

ぱっと見、スペースシャトルっぽいところもありますね。
色とか、特に。
ちなみに、商業軌道輸送サービスプログラム参加プロジェクトの中に、
有名な、スペースXもあります。

これは、スペースコンプレックスの展示。

宇宙での長期滞在を目的に、研究開発が進められているプロジェクト。
6名/1ユニット位のユニットを、複数接続することで、
ホテル・娯楽施設、研究施設などに利用しようとするものだそうです。

最後に。
これは、ちょっと毛色の変わったもの。
「レッドブル・ストラトス」と言うプロジェクトで、
成層圏からの自由降下を行うというもの。
実際の効果は、2012年10月14日に行われ、成功しています。

これは、成層圏に上がるまで乗って行った飛行船。

裏側にしっかりと、スポンサーのレッドブルの名前が入っています。

中は、狭そうです。

ちなみに、ロケットではなく、気球です。
この上に、風船が付いていることになります。

これは、実際にスカイダイブを行ったフェリックス・バウムガートナーが
着用していたスーツ。

高度39014mですからねぇ。ほとんど、宇宙みたいなものでは?
途中で、マッハ1.2に達しているそうです。
こんなスーツを着ていますが、生身の人間がマッハを超えるとはね。
このスーツにも、きちんとレッドブルの文字入り。

レッドブルのHPに、もっと色んな記事が載っています。
RED BULL STRATOS

2時間以上居ましたが、まだまだ居ても良かったかな(笑)。
出たのは、昼過ぎの頃ですが、それでも行列などは欠片もなし。
大人の入場料が高過ぎるという話もありますが、この展示会、大丈夫か?








名称宇宙博2014-NASA・JAXAの挑戦
http://www.space-expo2014.jp/
会期2014年7月19日(土)~9月23日(火・祝)
会場幕張メッセ 国際展示場10・11ホール
当日観覧料一般2500円、大学生・高校生1500円、中学生・小学生900円
その他、小中学生と一般のセット券などあり
開場時間9:30 ~ 17:00 ※入場は閉場の30分前まで
休場日期間中無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月26日(土)のつぶやき

2014-07-27 | つぶやき

幕張メッセの宇宙博2014に来た。意外に空いている。見所は多いよ twitpic.com/e8wnit


ヤッパリ、右腰に違和感。さっき、ピキッと来た。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加