Log Book

日々の日記など

東京・春・音楽祭 『東京春祭チェンバー・オーケストラ』

2017-03-20 | 音楽
三連休最終日は、東京文化会館 小ホールで行われた、
コンサートに参戦。
実は、去年の暮れからチケットを購入して、
準備をしていたのでした。

今日のプログラムタイトルは、
『東京春祭チェンバー・オーケストラ
~トップ奏者と煌めく才能が贈る極上のアンサンブル』

演奏は、
東京春祭チェンバー・オーケストラ
  ヴァイオリン:堀 正文、枝並 千花、大江 馨、小川 響子、北田 千尋、城戸 かれん、小林 壱成、外園 萌香、三輪 莉子
  ヴィオラ:佐々木 亮、山本 周、湯浅 江美子
  チェロ:辻本 玲、伊東 裕、伊藤 悠貴
  コントラバス:池松 宏
  オーボエ:蠣崎 耕三、森枝 繭子
  ホルン:阿部 麿、大槻 香奈絵
  チェンバロ:長久 真実子
のみなさん。

曲目は、
--第一部--
ヴィヴァルディ:《調和の霊感》 op.3 より 協奏曲 第5番 イ長調
   I. Allegro
   II. Largo
   III. Allegro
 [ヴァイオリン:北田 千尋、三輪 莉子]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 変ロ長調 RV.547
  I. Allegro
  II. Andante
  III. Allegro molto
 [ヴァイオリン:城戸 かれん、チェロ:辻本 玲]

ヴィヴァルディ:《調和の霊感》 op.3 より 協奏曲 第8番 イ短調
   I. Allegro
   II. Larghetto e spiritoso
   III. Allegro
 [ヴァイオリン:大江 馨、小林 壱成]

ヴィヴァルディ:《調和の霊感》 op.3 より 協奏曲 第10番 ロ短調
   I. Allegro
   II. Largo
   III. Allegro
 [ヴァイオリン:小川 響子、三輪 莉子、北田 千尋、城戸 かれん]

【第一部アンコール】
テレマン:《4本のヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調》 より 第一楽章
 [ヴァイオリン:小川 響子、三輪 莉子、北田 千尋、城戸 かれん]

--  休憩  --

--第二部--
グリーグ:組曲 《ホルベアの時代より》 op.40
   I. Praeludium
   II. Sarabande
   III. Gavotte
   IV. Air
   V. Rigaudon

モーツァルト:交響曲 第29番 イ長調 K.201
   I. Allegro moderato
   II. Andante
   III. Menuetto
   IV. Allegro con spirito

【第二部アンコール】
モーツァルト:《ディヴェルティメント K.334》 より メヌエット

第一部、第二部、それぞれにアンコールがありました。

やっぱり、プロの演奏は凄いですね。
何が凄いのか、なかなか上手く言えないですが、
キッチリとそろった音楽なんですよねぇ。
まぁ、お金をとって聞かせている人たちなので、
当たり前と言えば、当たり前なんですが、
改めて、プロの演奏家の凄さを感じました。

時々、自衛隊音楽隊の演奏会に行くこともあります。
自衛隊音楽隊も、やはりプロの演奏家たちなので、
上手いんですが、それとは違う上手さ。
自衛隊音楽隊が会社員と例えれば、
こちらの方々は、腕一本で稼いでいる人たちと言う感じですかね?
オーケストラに所属している人もいるので、
必ずしも正しい比喩では無いかもしれませんが、
そう言う違いに感じました。

今日の演奏楽曲的には、実は、最後の曲しか知りません(爆)
でも、いずれもアルファ波が出そうな心地よい音楽で、
うっかりすると、そのまま・・・。
いや、大丈夫でしたよ(笑)

良い音楽を堪能しました。

-----

東京・春・音楽祭
東京春祭チェンバー・オーケストラ
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昇龍 part2 | トップ | 3月20日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。