Log Book

日々の日記など

東京国立博物館 『タイ ~仏の国の輝き~』

2017-07-17 | 美術館・博物館
三連休最終日。
クソ暑いさなか(失礼)、
上野の東京国立博物館で開催中の『タイ展』に行って来ました。

今日は、午後に予定があったので、
リアルに開場間もない時刻の9:35a.m.ごろの到着。
会場の平成館に向かったところ、行列が見えます。
「え!なに?入場規制?!」と思ったら、
開場間もない時刻だったので、
開場前から来ていた人たちの列のようでした。
良かったよ。ほっ。

見どころは、《ラーマ2世王作の大扉》かなぁ。
国王のラーマ2世自ら彫刻を施していて、
まさに門外不出の逸品。
それが今回、日本で見られますからねぇ。
展覧会場内は撮影禁止ですが、ここの付近だけ撮影可能。
なので、何枚かパチリぱちり。

これが表。


引きだとわかりにくいので、寄ります。
鹿や猪(?)がいたり、


猿がいたり。


精巧な彫刻です。
日光東照宮の陽明門も精巧ですが、それ以上かも。

裏面は、こちら。

一度火災に遭っていて、描かれている文様の判別が困難ですが、
よると少しだけわかります。


大扉の後ろには、仏様の写真。


それ以外に興味深かったのが《仏陀遊行像》
古代エジプトの石像が、左足を一歩踏み出す格好をしていますが、
それとの関係性は無いんですかね?
それと、デザイン的にコントラポストっぽい気がものすごくします。
ところで、神奈川の箱根駅伝のコース沿いに遊行寺ってありますが、
遊行寺は仏様の遊行と関係あるんですかね?
※あるんだろうなぁ。

あとは、《ナーガ上の仏陀坐像》
この光背っぽい蛇ですが、表情がユニークで、かわいらしかったです。

こんな感じでしょうか。
最初、行列にギョッとしましたが、中が混雑すると言う事でもなく、
良い感じで落ち着いてみる事が出来ました。

そうそう。
今回は、音声ガイドをレンタル。
ナレーションは、テレビ東京の須黒清華アナウンサー。
さすがプロ。聞きやすかったです。
それと、仏様とか、そういう時に出てくる、
タイ仏像大使に就任したみうらじゅんさん、
いとうせいこうさんが特別出演していました。
そちらもそちらで、期待を裏切りませんでした。

展覧会場の最後に、昨年亡くなった、
タイのプミポン前国王を祀る(簡単な)祭壇がありました。
タイ展ですからね。

比較的会期が短いので、見たい場合はすぐに行くべきですね。









名称日タイ修好130周年記念特別展
タイ ~仏の国の輝き~
http://www.nikkei-events.jp/art/thailand/
会期2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場東京国立博物館 平成館
当日観覧料一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
開館時間9:30~17:00
※ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館
※入館は、いづれも閉館の30分前まで
休館日月曜日(ただし7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館)
巡回展終了[九州展]2017年4月11日(火)~6月4日(日) 九州国立博物館
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉の大山 | トップ | 7月17日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術館・博物館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。