Log Book

日々の日記など

東京国立博物館 特別展『禅-心をかたちに-』

2016-11-05 | 美術館・博物館
今日は、先月18日から東京国立博物館で開催されている
『禅-心をかたちに-』に行ってきました。
めっちゃ天気が良かったんで、出歩くには気持ちいい日です。

開場間もない時間を目標に行ったんですが、
出発に出遅れて、10:00a.m.頃の着。
これが、ルーブル美術館展とかだったら、
もはや会場内大混雑なのでしょうけど、
今回は、地味な(失礼)禅に関する展示なので、
そういうことはありませんでした。
このあたりは計算通り。

さて見どころですが、わたしが興味を持ったのは、
何と言っても、第一会場に入ってい直ぐに展示されている
《達磨像》白隠慧鶴筆 江戸時代 18世紀 大分・萬壽寺蔵
ですね。
2mほどもある大きなおおきさで、コミカルと言えば
コミカルな達磨の姿。
親近感がわきます。

いままでも、色々と仏像が展示される展示会には行っていますが、
「これは初めてだ!」と思ったのが、
《十八羅漢坐像のうち羅怙羅尊者》
范道生作 江戸時代 寛文4年(1664)京都・萬福寺蔵
胸を開くと、お釈迦様って・・・。
表情も、日本的ではなく、インド風ですね。

仏像などの展示だけではなく、
禅の影響を受けた様々な物品も展示されていました。
中でも、国宝の
《油滴天目》建窯 中国・南宋時代 12~13世紀 大阪市立東洋陶磁美術館蔵

同じく国宝の
《玳玻天目》吉州窯 中国・南宋時代 12世紀 京都・相国寺蔵
の二つの天目茶碗は、美しいです。
特に《油滴天目》の方は、豊臣秀次が所持していたとも
言われている品だそうです。

今回初めて知ったのは、黄檗宗と言う禅宗の宗派。
中身は知らないまでも、臨済宗、曹洞宗は知っていたんですが、
黄檗宗と言うのは、寡聞にして知りませんでした。
臨済宗、曹洞宗との大きな違いとしては、黄檗宗は、
いまだに明朝風様式を保っているそうです。
お経も、明朝風の発音で詠むのだとか。
勉強になりました。

今回は、音声ガイドをレンタルしたんですが、
時々声優の井上和彦さんと関俊彦さんが出てきて、
色々とお芝居をしてくれています。
中々面白かったです。

この『禅』展は、頻繁に展示物の入れ替えがあります。
日を変えていくと、また別の展示物を見ることができそうです。









名称臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念
禅-心をかたちに-
http://zen.exhn.jp/
会期2016年10月18日(火)~2016年11月27日(日)
会場東京国立博物館 平成館
当日観覧料一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
出光美術館「大仙厓展」(2016年10月1日(土)~11月13日(日))、永青文庫「仙厓ワールド」展(2016年10月15日(土)~2017年1月29日(日))とのの3展相互割引あり。他展の半券提示で当日料金から100円割引
開館時間9:30~17:00
(ただし、会期中の金曜日および10月22日(土)、11月3日(木・祝)、5日(土)は20:00まで開館)
※何れも入館は閉館の30分前まで
休館日月曜日
巡回展終了 [京都展] 2016年4月12日(火)~5月22日(日) 京都国立博物館 平成知新館
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉の大山 | トップ | 11月5日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術館・博物館」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。