Log Book

日々の日記など

上野の森美術館 『デトロイト美術館展』

2016-10-16 | 美術館・博物館
久しぶりに晴れた土曜日(2016/10/15)、
東京都美術館の『ゴッホとゴーギャン展』の後は、
上野の森美術館で『デトロイト美術館展』のはしご。

『ゴッホとゴーギャン展』の出展作品数が68点と意外に少なく、
且つ、それほど混んでいなかったのでサクッと見ることが出来て、
結構時間に余裕ができたので、折角ならばと言う事で。

こちらも、混んでいるかなぁと思ったんですが、
そうでもありませんでした。
興味深かったのが、この展覧会、月曜と火曜は撮影可能なんですね。
この日は土曜日だったので撮影禁止でしたが、
中々画期的企画だと思いました。

とは言え、会場外であれば撮影はできます。

これは、入り口を飾っているメキシコの画家ディエゴ・リベラによる
大規模壁画《デトロイトの産業》を模した巨大バナー。
ちょっとインターネット上の巨大百科事典サイトで調べてみたんですが、
このディエゴ・リベラと言う人、壁画で有名なんですね。

さて、会場内の事ですが、面白かったのが、
東京都美術館の『ゴッホとゴーギャン展』に
便乗したわけでも無いでしょうけど、こちらにも、ゴッホとゴーギャンの
作品が出ていたこと。
とりわけゴッホの《自画像》には興味を引かれました。
東京都美術館で展示されていた《自画像》と同時期に書かれた作品で、
クレラー=ミュラー美術館収蔵の《自画像》と
ファン・ゴッホ美術館収蔵の《パイプと麦わら帽子の自画像》の
足して二で割った感じですかね(笑)

もちろん、ゴーギャンの作品もあって、
敢えて会期を合わせたのかなと思わずには居られませんでした。

その他興味深かったのが、エミール・ノルデの《ヒマワリ》
ゴッホのヒマワリとは似ているわけではないのですが、
ゴッホへのオマージュを感じずにはいられませんでした。

あとは、オスカー・ココシュカの《エルベ川、ドレスデン近郊》
ですかねぇ。
1931年頃の作品なので、ドレスデン爆撃で、
美しいドレスデンが破壊し尽くされる前の姿かと思うと、
感慨深かったです。

こちらの展覧会は、
『ゴッホとゴーギャン展』以上に(以下に?)
出展作品が少なくて、52点。
特に混んでいるわけでも無かったので、
こちらもサクッと見ることができました。
印象派から、ピカソまで見ることが出来て、
中々良かったです。










名称デトロイト美術館展
大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち
http://www.detroit2016.com/
会期2016年10月7日 (金) ~ 2017年1月21日 (土)
会場上野の森美術館
当日観覧料一般1600円、大学・高校生1200円、中学・小学生600円、未就学児以下無料
開館時間10:00~17:00
金曜日、10/22(土)は20:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日10月21日(金)
巡回展終了 [大阪展] 2016年7月9日(土) ~9月25日(日) 大阪市立美術館
終了 [豊田展] 2016年4月27日(水)~6月26日(日) 豊田市美術館
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そば 俺のだし GINZA5 | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。