ばれるずBLOG

三重県の魅力発信!
市民活動団体「A BARRELS」のBLOGです。
毎週金曜日に更新◎

第68回活動『名張の歴史探索ツアー』

2013年09月29日 19時43分07秒 | 活動報告
こんばんは!
今日は松林(八木妻)が更新しますよ!

先日、9月23日(月)に名張市にて町歩きを行いました。
お天気にも恵まれて、暑かった~。
今回の活動に参加したのは
勝田・安原(智)・伊藤・八木夫妻 の、5名です。

名張市のイオン(リバーナ)に集合して、
まずは『はなびし庵』さんへ!

はなびし庵さんは、この鳥居のすぐそば。
昔の狭い道なのに、ど真ん中に鳥居があるのです。
この鳥居がどうしてここにあるのか、詳しいことは調べておりません・・・。ごめんなさい。
さて、リバーナからものの数分ではなびし庵さんに到着。
こちら、角田酒店という酒屋さんなのですが
まちかど博物館にもなっていて、
非常に貴重な品々が保存されているばかりか、
建物そのものも名張の古い町家ということです。
中でも貴重なのが「角田半兵衛夫婦坐像」。

あ、暗い・・・。
江戸時代に人気を博した生人形師・安本亀八という人の作品で
人形そのものも現存するものが少なくて貴重だそうですが
なによりも貴重なのは、男尊女卑の江戸時代において
夫婦が一緒に像を彫ってもらっていることだそう。
色も鮮やかなまま残っていて、見ごたえありです!

はなびし庵さんには見るものがたくさんあるのですが、
今回の私たちのメインは
名張にゆかりのある題材で作られた影絵!
演目はいくつかあるとのことですが、
今回上演してもらったのは「乱歩誕生」です。



声は録音したものを流しているのですが、
近くの高校に通う生徒(当時)にご協力いただいたそうです。
コミカルタッチに仕上げてあって面白かったですよー!!
お茶とお茶請けをいただきながら見させてもらって、あっという間でした。
歴史を知る、というと難しそうですが、
こういう伝え方は面白くって、入り口にいいなぁと思いました。
アンコールで狐と人の知恵比べを見せていただき、
そしてそして体験もさせてもらえることに!
2名ということで、じゃんけんを行った結果、
勝った安原&八木が挑戦権獲得。
奥さんからレクチャーを受けます。

舞台裏。

2人とも「難しかった」と言っていましたが
はなびし庵のご夫婦には上手だったとお褒めの言葉もいただきました☆
展示してある資料の説明もしていただいて、

続いてお昼ご飯へ。

はなびし庵さんから歩いてほんのちょっとの『ちょいまるカフェ』さん。
写真ではわからないと思いますが
この建物、築100年以上のものを改装しているんです。
蔵もあって、そこでも食事ができるということで
今回は蔵の中でお食事をさせてもらいました!
そこも明るく改装されているので蔵っぽいのは外観だけですが^^;
ちょいまるカフェさんは全メニュー無添加手作りで
隣接する昔ながらのお豆腐やさんから仕入れた豆腐・豆乳を使ったメニューが豊富。
ヘルシーですが、しっかりお腹いっぱいになりました。

田楽のお味噌も自家製ですって!
正面入り口ではなく横の路地へ出たところ。


続いては名張藤堂家邸跡へ。



お庭も広い!

勝田&松林の恒例行事「勝田写真集作り」の一幕も・・・。


名張の古い町並みには「ひやわい」と呼ばれる細い路地があります。
今回はそのひやわいも通ってみましたよ。
町歩きのいいところは、なんと言っても「新しい発見」があるところ。

偶然見つけて入ってみた羊羹やさんは、
これまた100年以上の歴史を持つお店でした。
名張にはたくさんの歴史があるのに全然知らないことばっかり。
残り1つだった栗羊羹を勝田が購入し、ひやわいを通って「江戸川乱歩生誕記念碑」へ。



生家があったところですが、今は残ってません。

最後に名張川沿いの「やなせ宿」で休憩し、
リバーナへ戻って解散。

たくさん歩いていろんなところを巡りましたが
どこもかしこも見応えがあって
「名張って、実はすごいやん。
 歴史がいっぱい受け継がれとる!」
という発見がたくさんある日になりました。
名張で生活しているので、これからもまだまだ知らない名張に出会えるのが楽しみです。
皆さんお疲れ様でした~!!

↓参加してくれたみんなの感想↓

勝田
改めて、街あるきの楽しさを感じました。
知ってるはずの街の中には、
知られていない魅力が本当にあるんだなと感じました。

伊藤
印象に残ったことは多々ありますが、
その土地の歴史を語れる人との出会い、が面白かったです。
はなびし庵の角田さん夫妻や名張藤堂家の受付の方に
名張のお話をたくさん聞くことができました。
お殿様がいた土地ならではの景観(古くからの商店や
町の中に流れる生活用水の川)とともに
歴史を感じる活動になりました。

安原
地域の歴史を影絵でみるのは、とても印象的で楽しかったです。
実際に体験してみると、タイミングや見せ方を考えると難しかったです。
名張は、何度か行ったことがあったけど、
歩いてみると昔ながらの羊羹やさんや細い道など、
ここにしかない魅力があって、とても楽しかったです。

八木(夫)
今回のイベントは自分の住んでいる街だったんだけど、
知らないことが多くてとても新鮮でした。
名張も今は新しい建物がたくさん建ってきているけど、
旧街のほうにいけば古き良き街並みがたくさん残っていてとても風情がありました。
そういった名張の歴史を残そうと頑張っている人達もいて、
自分ももっと自分が住んでいる街について知らなきゃなと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まちのあたたかさを残したい | トップ | 食事と演劇のマリアージュ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。