ばれるずBLOG

三重県の魅力発信!
市民活動団体「A BARRELS」のBLOGです。
毎週金曜日に更新◎

第53回活動「石本果樹園 見学ツアー」活動報告 (後編)

2012年07月11日 22時52分27秒 | 活動報告
昨日に続きまして、
「石本果樹園 見学ツアー」のご報告です!


7/1(日) 午前10時30分。
集合場所は「道の駅 ウミガメ公園」

実際にウミガメが泳いでいる様子を間近で見ることができますよ~♪




石本果樹園3代目 石本慶紀さんと合流し、
大雨の中、車で石本果樹園へ向かいます。


ハウスに着いたら、早速みかんの見学&試食会!


甘み、酸味、固さ、皮の厚みなど、いろいろ感想を言いながら試食させていただきました。


うむ、しっかり味が乗ってます!
それもそのはず、糖度を高めるために極限まで水を与えない栽培をされているそうです。


続いて、「アテモヤ」。

今は小さな果実ですが、11月頃には激甘高級フルーツに育ちます。
楽しみ!


「あっ! 気が付けば雨が止んでいる!」

ということで、ハウスの外も見学させていただきました。



新しい木を植えることが、未来を作るということ。
でも、幼木の10年間は、収量が出ない経済的負担があること。
(写真:右奥が若い木)


107軒ある農家のうち、若手(40歳以下)がわずか7軒であること。
それは将来、市場独占になるのではなく、負担の集中でもあること。


石垣の段々畑を大切に残している理由は、
「ミカンに優しい日・水・温度を作ってくれる」というお爺さんの言葉にあること。


厳しい現状と、温かいストーリーをたくさん聞かせていただきました。
石本さんは、今の厳しい社会を愛情で戦っているというのが、坂本の印象です。



お話だけでお腹いっぱいな気分ですが、ここで一旦 お昼休憩。
道の駅 ウミガメ公園には、紀宝町特産のミカンたっぷりのメニューがありました。

(3色そうめんの1色は、ミカン味!)



午後は、熊野古道 松本峠の散策です。


Made in 熊野のセレクトショップ「木花堂=このはなどう」を営む
久保 咲恵さんのご案内で行ってきました。


見事な石畳が いつ、どうやって作られたか。


山の植物が、人々の生活にどう活かされてきたか。



人間味あふれる歴史背景を教えていただきました。


同じ景色でも、ガイドさん次第でこんなに景色が生きてくるんだなぁと感心しながら、
雨上がりの絶景を楽しんでまいりました!


そして、最後に「鬼ヶ城」。

山を下りて5分で、こんな海の造形を楽しめるなんて!




東紀州グリーンツーリズム、最高!!!




では、最後にバレルズ参加者の感想です。


・八木
石本果樹園さんではとても親切にわかりやすく案内していただきました。
みかんへの強いこだわりや地元を想う気持ちが伝わり、
とても勉強になり貴重な体験をさせていただきました。
熊野古道や鬼ヶ城で幻想的な風景が見れてとても良かったです♪
来る度に新しい魅力を発見できて何度でも行きたい場所だなと思えました。

・伊藤
久保さんのガイドによる熊野古道や土地のエピソードの解説が
とてもわかりやすく、勉強になりました。
帰りに寄った木花堂も、商品のセレクトにこだわりがあり、
またじっくりと見に行きたいです。

・松林
国道からすぐのところにあんな広大な果樹園があると思わなかったので
ちょっとびっくりしました。
生産者さんの顔が見えるということは、商品を詳しく知ることが出来るということ。
今後、石本果樹園さんの商品なら安心して購入することができます!

・金児
農家さんはやはり似たような問題を抱えているところが多く、
石本さんは積極的に行動されているところがカッコイイなと思いました。
山登りは普段ほとんどしませんが、登った時は気持ちいいなぁと思えてしまうので不思議です。
ただの登山ですけど、エピソードを知るだけで楽しさが倍増しました。
石本さんも久保さんも木下さんも生き生きとされていたことがとても印象的でした。

・安原
同じ木でも、位置や水の吸い方によって、できかたが違うことにびっくりしました。
なにより、昔ながらの段々畑は、手入れが大変ではあるが、
いかに自然の力を最大限に活用し、甘く熟すみかんがとれるか、
しっかり考えてつくられているのかを知りました。
また、昔からある木を育てつつ、しっかり新しい木を育てる畑を見て、持続性を感じました。
こうしたことから、先人の知恵を残しつつ、後世に繋ぐため考えられ
育てられている石本さんの畑に感動しました。

─────────────────────────


  今回は、本当に刺激的なイベントでした。
そして素晴らしい方々と出会うことができました。

 ご協力いただきました石本果樹園さんを始め、
   東紀州グリーンツーリズムの皆さま、
    本当にありがとうございました。
    今後とも、宜しくお願いします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第53回活動「石本果樹園 見... | トップ | 病院と地域をつなぐ外交官◎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。