愛車査定で高額買取してもらう

愛車を手放す時には、なるべく高く買取してもらえるとうれしいですね。

買取できない車はどんな車?その対処方法

2017-05-15 16:37:19 | 車買取
買取できない車はどんな車?その対処方法

買取できない車はどんな車?その対処方法現在では、車はリサイクルするという考えが浸透しており、不動車や故障車などでも買取が可能なケースが増えています。


また、日本車は海外で人気ですから、少しくらい製造年式が古くても、大抵の車は買い取ってもらえます。

ですが、どうしても買取できない車があります。


それは以下のような車です。

1.必要書類が揃ってない
買取手続きには、以下の書類が最低限必要です。


見当たらない場合は、再発行処理をして揃えるようにしてください。

・車検証…ナンバープレートの管轄の陸運局で再発行可能。


・自賠責保険証明書…加入している保健会社で再発行可能。


・自動車納税証明書…都道府県の納税事務所で再発行可能(引っ越した場合は税金を納めた都道府県納税事務所)。


・リサイクル券…再発行は不要ですが、自動車リサイクルシステムのホームページで預託状況を印刷できます。


・印鑑登録証明書…お住いの市区町村の役所にて発行(買取店によって発行から1~3ヶ月以内等の期限の違いあり)。

2.鍵がない
鍵がないということは、車のエンジンをかけることができないので、買取してもらうことができません。


スペアキーがないのは買取には関係がありませんが、スマートキーやキーレスエントリーがない場合は、査定が下がる事が多いです。

車を買ったディーラーや販売店に連絡をし、鍵がないので作ってほしい旨を伝えましょう。


依頼してから手元に鍵が届くまでは、数日~10日前後かかり、費用も車種やキーの種類によっては、おおよそ2万円前後~10万円を超えるものまであります。


しかし、ディーラーに依頼することで、鍵が合わなかったというトラブルを避けることができます。


最近の電子キーでない場合は、鍵の業者に依頼して作ってもらう方法もあります。

3.所有者ではない
ローンの支払いが済んでない車は、ローン会社の名義のため、ローン会社に代わって勝手に売ることはできません。


つまり、車両の所有者の同意なくして売却はできないということです。


売却したい旨を、ローン会社に相談してみると良いでしょう。




車のオークションと査定を試してみた。
査定は車種とメルアドだけでだいたいの金額がすぐに出てきた。

あとは高く値がついた所に売るだけです。

Goo買取で車査定のポイントを見てみる。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動かない車を買取してもらう... | トップ | 買取査定と下取査定、どちら... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL