愛車査定で高額買取してもらう

愛車を手放す時には、なるべく高く買取してもらえるとうれしいですね。

動かない車(不動車)の場合、査定金額に影響はあるのか

2017-05-16 16:46:34 | 車買取
動かない車(不動車)の場合、査定金額に影響はあるのか

車が動かない理由によって、査定額に影響が出る場合と出ない場合があります。


一般的に、車が動かない原因としては、以下が挙げられます。

1.車検が切れている
2.バッテリーが寿命を迎えていえる
3.事故や故障で動かない
4.原因がわからない

車検が切れているだけなら、公道が走れないだけなので査定額には影響はありません。


バッテリーが寿命を迎えている場合も同じで、バッテリーを替えれば動くので、多少、査定額は下がりますが問題ない範囲でしょう。


事故や故障で動かない場合は、基本的には中古パーツとしてや資源としての査定なので、査定額も期待はできないでしょう。

動かない原因がわからない場合は、結果として簡単な理由で動かなかった場合は、思ったより査定額が高い場合もあります。


それが中古市場で人気のある車種だったのなら、よりよい査定額で売却できる場合もあります。


反対に、動かない理由が修理が難しい場合だったり、修理に高額な費用がかかったり、中古市場で人気のない車種だった場合には、査定額も期待はできないでしょう。





車のオークションと査定を試してみた。
査定は車種とメルアドだけでだいたいの金額がすぐに出てきた。

あとは高く値がついた所に売るだけです。

Goo買取で車査定のポイントを見てみる。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買取査定と下取査定、どちら... | トップ | 外車・輸入車を高値で売却す... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL