goo

2017.7.16 『紋別岳』(865m)  雨から逃れて

 

 

 今日の天気予報は、全道的に雨。

一週間のうちにたった一日しかない休日が雨予報だ。

なんとも納得いかない思いではあるが、自然が相手では致し方ない。

  少しでも雨を避けられそうなところで、支笏湖の『紋別岳』に登った。

ここは頂上までNTTの管理道路(舗装)が施設されているので、

途中で雨に降られても足元がきれいなままだ。

 

 今日はずいぶん久しぶりに、Toshi、Hiromiとの三人登山だ。

思えばToshiとは2007年に『夕張岳』(金山コース)で知り合ってから、

先月で付き合いが10年となった。

またHiromiも2013年に『神居尻山』で知り合って、

同じく先月で付き合いが4年になった。

そしてそれは「忘れ物、落とし物兄妹」誕生からの年月を意味する。

 

 7時に登山口に着いてみると、先行者の車なし。

また、その時点ではまだ雨が降り出していない。

 

7時15分、登山口をスタート。

まだ気温はそれほど高くないが、空気が湿気って暑く感じる。

当然すぐに汗をかき、体がじとっとして不快だ。

それでも樹林帯の狭い登山道を歩くよりずっと涼しい。

 

この行程の半分ほどを歩くと、一旦正面に目指す頂上が姿を現す。

立ち止まって水分補給をしたくなる場面だ。

久しぶりに三人が揃うと、話題も色々だ。

楽しく会話しながら淡々と歩いて、

8時10分、頂上。

この頃になると雨がポツポツと降り出し、

ガスが湧いてきて下界は何も見えなくなってしまった。

そんな頂上には長居することなく下山を開始した。

下山路も登路と同じく忠実に舗装道路を歩き、

8時55分、駐車地。

今日は山中で誰にも会わなかった。

『紋別岳』でもこんなことがあるんだなあ。

頂上付近で落ちだした雨は、

支笏湖から離れるといよいよ本降りとなった。

いいタイミングで山行を終えたものだと安堵。

そして帰宅する頃には雨足が強まり、とうとうザーザー降りに!

 

 さて、今日も「サイゼリヤ」でワインだ!

ワインでしっかり酔い、また明日から仕事に励もう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.7.9 『... 2017.7.23 札... »
 
コメント
 
 
 
同じスタイル試す・・ (エバ)
2017-07-17 21:22:42
14日、樽前山に登った時 Amigoさんの登山スタイルを意識して短パン素足に挑戦した。
ジリジリと照り返す猛暑の中で果たして虫の被害は無いかともう一つの理由もあった。

新しく発売になったキンチョウの虫よけの威力を試すためだ。
イカリジンという成分を始めて使用した防虫スレー・・
知ってましたか?

結果は、一箇所も被害なく成功・・・。
ただし、日に焼けて足と手が真っ赤っか・・・

お勧めです。どうぞお試しあれ。
薬局店に売っています・・

 
 
 
へえ~っ! (Amigo)
2017-07-17 22:31:46
私は吸血昆虫に対する耐性が、どうやら長年の経験の中で
備わったようで、全然気にならないのよ。
ただ、同行するToshiとHiromiはアレルギ体質で、吸血昆虫には過敏に反応するので、ぜひ教えてやりたい。
ありがとうエバ。

暑い日に脚を出して歩くのは気持ちいいべえ!?
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。