goo

2017.1.2 『鷹泊山』(654m)

 2日の朝Hiromiを拾って幌加内に向かった。

幌加内方面の山はよくわからないが、大変興味深い。

ただ、冬はなかなか晴れず、天気予報は雪ばかり。

それでなかなか足が向かないのだが、この正月は悪くても曇り程度の予報に、

思い切って行ってみることにした。

ところが幌加内に近付くと雪が降りだし、

山々は全く見えない。

こりゃあダメだと、短時間で登れる『鷹泊山』に登ることにした。

この山には昨年も登ってみたが、やはり天候が思わしくなく、

まだ山頂から周辺の様子を目にしたことがない。

 

 江丹別峠頂上に車数台分の駐車場がある。

それを利用させていただいてスタート。

峠の頂上からのスタートということで、

獲得標高差がわずが150mほどしかない。

また、スタートと同時に深いトレースが付けられており、

この日も楽をすることになった。

トレースは広い尾根に沿ってゆっくり高度を上げて行く。

そして次第にガスに包まれ、頂上付近では何も見えない。

まあまあ、こうなるとつまらない。

1時間弱で頂上に立ったが、雪も降り出したので、即下山を開始。

標高差150mは滑ってもたいして面白くもない。

しかし、今シーズン初めてスキーを利用したHiromiはご満悦。

ハの字でゆっくりゆっくり楽しそうに滑る。

最後は駐車地に向かって若干の登り返しがある。

私はこれが嫌だ。

スキーを装着したままでは登り返せず、

肩に担いでツボ足だとズブズブ足を取られて歩けない。

結局またシールを出してはりつけることになる。

これが面倒でたまらない。

 

 駐車地に着くと同時にまた雪が降りだした、ワッサワッサと。

それでうんざりし、雪から逃げることにした。

旭川を抜けて富良野へ。

そして金山湖畔まで走った。

途中の富良野までは雪模様が続き、やっと逃れて「ホッ・・・」

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.1.1 『... 2017.1.3 『... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。