goo

2017.5.2 『別狩岳』(726m)

 ようやく始まったGW。

私の休日は2(火)~7(日)日までの6連休。

山行は前半、後半で分けることにした。

Hiromiがやはり同日程で6連休なのだが、

前半の3日間を仕事絡みで取られてしまった。

誠に気の毒である。

 

 昨日の朝ゆっくり家を出た。

増毛山地に向かったのだが、道中で目にする山々の融雪がまた驚くほど進んでいた。

根本的に積雪が少なかったため、ちょっと気温が上がるとすぐに融けてしまう。

それで慌てるように『別狩岳』に登ることにした。

この『別狩岳』だが、このブログで何度も紹介してきた南の『別狩岳』(666m)とは違う。

その北約10kmのところに同名で北の『別狩岳』が存在する。

そしてこちらの『別狩岳』は未踏であった。

北の『別狩岳』には春になり、融雪が進む時期まで駐車スペースがない。

それでおっくうになり、ついつい登らないまま時が過ぎてしまった。

今回はもう「登れるのか?」と心配になるくらい融雪が進んでいたので、

五番川に沿う林道の入口の雪が融けていた。

  9時、林道入口の駐車地をスタートした。

地形図によると、五番川に沿う林道が消えてからも、

川に沿って登り、適当なところから急斜面か、

「629mP」に続く尾根を伝って登るのが最短のようだ。

しかし五番川は結構な水量が有り、林道が左岸で切れることから、

必ず右岸に渡渉しなければならない。

下山で靴中を濡らすのは構わないが、登路では絶対に濡らしたくない。

それで一旦南側に周り、複雑な尾根を伝って「565mP」を目指すことにした。

尾根の下部はどこもここも雪が消え、取り付き点を探すのに時間がかかった。

一旦奥まで林道を進み、また戻って尾根に取り付いた。

しかし残雪は少なく、尾根の頭は濃いブッシュや笹で歩けない。

北側の斜面に残る残雪をトラバースしながら徐々に高度を上げて行く。

それでも残雪が足りず、随分ブッシュ漕ぎを強いられた。

ただ、北側には2本の開けた沢筋が見て取れ、

いつでもエスケープできる安心感かある。

悪戦苦闘を続けながらも開けた斜面に出ると、「565mP」は近い。

「565mP」をトラバースして「629mP」へ向かう。

この頃になると、西に『別狩岳』が姿を現した。

あとは淡々と登り、

12時30分、「629mP」。

そして稜線を歩いて、

13時15分、『別狩岳』。

頂上の先には同高度のピークが見えているので、一応足を運んだ。

 「629mP」に戻って遅い昼食をとり、下山を開始。

下山はそのまま五番川に下る。

急斜面から狭い沢へ。

沢は間もなく五番川に吸い込まれた。

五番川はやはり水量が多かった。

雪融けの増水で流れも速い。

登りに利用しなかったことは正解だった。

登りに利用していたなら、必ずリタイアしただろう。

林道に出るまで少しでも歩きやすいところを求めて、

3度渡渉を繰り返したが、最初膝上だった水量は、しまいに股間まで達した。

 15時30分、駐車地。

久しぶりの冒険的な山行で楽しかった。

浜益温泉で汗を流し、御料地の牧場で一人宴会!

カラカラの喉に冷たいビールを流し込み、

「う、うめーっ!!」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.4.30 『... 2017.5.3 『... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。