goo

2016.10.19 『三菱山』(482m)

 いつも天気が悪いときや時間のないときに登り、

数山をまとめてアップしてしまう札幌の低山だが、

この素晴らしい季節くらいは、

いつも登らせていただいているお礼に、

今この時の山の様子をお伝えしたいと思うので、

5座をひとつひとつご案内したい。

従って、一晩で一気にアップというのは辛く、

3日かけてご紹介したいと思う。

 

 『奥三角山』から下りて、「盤渓市民の森」へ移動。

狭い駐車場ながら、そこが『三菱山』への登山口となる。

「盤渓市民の森」は散策路が縦横無尽に張り巡らされ、なかなか面白い。

数年前にこの森を知ったときは、その散策路の複雑さにわけがわからなかった。

しかしトレーニング登山として利用すると、すぐにルートが決まった。

今日もそんないつものルートを辿って森を抜けた。

上部で森を抜けると送電線の巨大な鉄塔に出くわす。

そこは既に隣接する「盤渓スキー場」のスロープだ。

ここから左に進んで刈り分け道を登るのも良いし、

右に進んでスキー場に出てスキースロープを登るのもいい。

今日はスキー場を登ることにして右に進んだが、スキー場に出る前に登山道が目に入った。

どなたかがブッシュ帯を開削して下さったようで、

頂上への直登コースが出来上がっていた。

これはありがたい。

労せずして頂上のすぐ手前に登り着き、

最後の数メートルの急斜面を登る。

そしてもう頂上に上がる、とその時、

目の前1mの岩の上にマムシが!

驚いてのけぞった。

マムシは独特の模様をして太い。

『銭函天狗山』の頂上でも2匹見ているので間違いない。

噛まれなくてよかった。

写真を撮ろうとしたら、そそくさと岩の割れ目に逃げ込んでいった。

マムシは岩のあるところに住むととうが、そこは岩が露出していた。

 頂上からは、その前に登った『奥三角山』や札幌の街がよく見える。

 

また背中には『盤渓山』から『砥石山』への山並みが紅葉に染まって美しい。

下山は登ってきた東の新道ではなく、南に以前からできていた刈り分け道を下って散策路に戻る。

この刈分け道は漆が多く自生しており、数年前の5月、Toshiがかぶれたところた。

散策路に出ると、あとは紅葉を楽しみながら淡々と下って駐車地へ。

登り35分、下り20分。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 2016.10.19 ... 2016.10.19 ... »
 
コメント
 
 
 
私も (ナジャ)
2016-10-19 21:52:51
Amigoさん
今週末は雨の予報で紅葉も今日が最後のチャンスと思い、私も今日休みを取って定山渓の夕日岳と朝日岳に登ってきました(もちろんバスでです)。小春日和のいい一日でしたね。
Amigoさんも定山渓に来ていれば会えたかもしれませんね。

 
 
 
colorful (hiromi)
2016-10-19 22:04:27
いい色になりましたね~
マムシか・・・・恐ろしい
 
 
 
すごい! :  私も (ナジャ) (Amigo)
2016-10-19 22:29:19
いい決断だったなあ。
いやあ、今日の晴れといったら素晴らしすぎる。
事前に言ってくれたら、乗せて行ってあげたのにねえ・・・

ん?
ナジャがバスに乗って定山渓に行き、『朝日岳』と『夕日岳』に登ったあ!?
なんか、ナジャのたくましさを感じて嬉しくなるよ。
 
 
 
マムシよ~ :  colorful (hiromi) (Amigo)
2016-10-19 22:32:02
こんな時期になってヘビを見たことはないし、しかも胸を突く急登で目の前だもの、びっくりしたぜぇ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。