goo

2017.6.17 『旭岳』(2,291m)~『北鎮岳』』(2,244m)   山中でバッタリ!

 一ヶ月ぶりに天気の心配がない週末がやって来た。

 金曜の夕方、仕事が終わってからHiromiを拾って大雪山に向かった。

ところが車に乗り込んだHiromiが、「ちょっと心配事があるんです」と切り出した。

「何よ?」という問いに、ウォームアップパンツの裾をまくりあげた。

アッチャーッ!

ウルシにかぶれていた。

一週間前旭川に行き、一人で低山を登り歩いたときにかぶれたようだ。

しかも、長ズボンを履いていたと言うから、

HiromiもまたToshiと同じようにアレルギー体質なのだろう。

そんなHiromiを草の多い登山道を歩かせるわけにはいかないので、

微調整して旭岳温泉に向かうことにした。

その変更で私も気が楽になり、また一刻も早く喉にビールを流し込みたいので、美瑛まで走って車中泊とした。

そして土曜の朝『旭岳温泉に移動。

 

朝7時、駐車場からロープウェー駅に向かった。

ところが辺りは閑散としており、ロープウェーの駅舎も鍵がかかっていた。

よく見ると、ロープウェーの始発は8時と記されていた。

だったら歩くべ、ということで駅舎横の登山口から入山した。

まだ雪が融けたばかりの登山道はグチャグチャ。

雪の下の地面に横たわっていた笹が立ち上がっている箇所では、それらに触れた衣類が黒く汚れる。

8時40分、姿見駅そば。

少々時間がかかったのは、途中姿見ロープウェー駅の北側を回って『北鎮岳』を目指そうと思ったのだが、

尾根の乗っ越し部分で笹が立ち上がり、やむ無く引き返して無駄な時間を費やしたためだ。

 

『旭岳』の登りには、予想通りたくさんの登山者がいた。

6号目を過ぎると、北からのすごい風だ。

正に強風!

この私の身体も飛ばされるんじゃないかと思えるほど強い。

そんな中を、この日体調がすぐれないHiromiも淡々と着いてくる。

そして9号目に近付いた時だった、前方の高みに見覚えのある姿が。

「Hiromiぃ、あれAotaじゃねえかぁ? いるいる、Toshiもいるわ! あそこに座ってる」、

「ホントだぁ、Toshiさんだぁ~」。

Toshiがこの週末、自身が主宰する『爽やか登山』の例会を大雪山で開催することは知っていた。

しかしそれは翌日曜だと思っていたし、大雪山と言っても広い。

まさかピンポイントで出くわすとは・・・

 

というわけで、思いがけない『ミニ山の会』の山行となった。

10時15分、『旭岳』。

そこには大勢の人がいた。

ジーンズにスニーカーの女性もいる。

そのスニーカーで、どうやってグサグサな火山灰地を下って行くのか、首をかしげてしまう。

 

強風の『旭岳』頂上には長居せず、『間宮岳』に向かう。

ここからは『旭岳』東斜面の大雪渓を下る。

ほどよく融けた雪は足に優しく、走って下れる。

そして、ここから『間宮岳』までは、HiromiもAotaも歩いたことがない。

いやあ、新鮮だねえ。

そして振り返る『旭岳』東斜面の風景が雄大で、ここから先には人影なし。

 

『旭岳』キャンプ指定地を過ぎると『熊ヶ岳』を左に見ながら登り返し、

『北海岳』方面への分岐を『間宮岳』方面へ。

その後は「お鉢平」を右手に見ながら北進する。

前方に『北鎮岳』、『凌雲岳』の大きな山体を見ながら進む。

『中岳』を過ぎると『北鎮岳』はもう近い。

最後のきつい登りに耐えて、

12時30分、北海道第二の高峰『北鎮岳』の頂上に立った。

HiromiとAotaにとっては初めての頂上だ。

『北鎮岳』までの行程で、Toshiに色々質問してみた。

「あの山は何て名だ?」と。

するとそのことごとくを正解!

なかなかわかる人のない『荒井岳』まで言い当てたのには、正直驚いた。

Toshiと『夕張岳』の金山コースで知り合ってから、今月でちょうど10年になる。

あの頃はどこの山も全く言い当てられなかったのに、成長したもんだなあ・・・

 

下山は「中岳分岐」から裾合平に下った。

そして「中岳温泉」で3人が足湯。

私は面倒なので、ただ傍観。

Hiromiはウルシにかぶれた患部を湯につけていたわっていた。

「なんかよくなる気がする」と、口にしながら。

その後広い裾合平から小さな起伏を越えて、

15時35分ロープウェー姿見駅着。

おおっと、その前に・・・

Hiromiが途中でカメラケースに入れていたロープウェー料金用の3,000円を落としてしまった。

「忘れ物落とし物兄妹」が二人揃えば、何もなくさないわけがない。

下りのロープウェー料金をToshi兄さんに借りていた。

 

 ロープウェーで下り、駐車場でToshi、Aotaとは別れ、二人は帰っていった。

私とHiromiは予定通り美瑛の銭湯で入浴し、『十勝岳』麓で車中泊。

日が長くて助かる。

そして今朝『上ホロカメットク山』に登る予定で移動すると、

駐車場に入りきれなかった車が延々と狭い車道脇に連なっている。

その光景を目にして即Uターン。

しょうがないので『北の峰』に登って帰ることにした。

富良野スキー場に移動して登り始めると、前回早すぎたワラビがびっしり自生している。

そんな光景を目にすると、放っておけない私。

Hiromiを一人で登らせ、せっせとワラビ採りに励んだ。

我が女房への土産だ。

でもねえ、山菜を持って帰るといつも同じ反応なんだ。

山菜が入った袋を見るなり、「ゲッ!」

「処理が大変なら捨てれや」と言うと、「嫌だぁ、もったいない~」と言って処理に励む。

そして今日もワラビを持って帰ると、「ゲッ!」

何も変わらなかった・・・

 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.6.12 『... 2017.6.24 『... »
 
コメント
 
 
 
I enjoyed a lot! (hiromi)
2017-06-18 21:35:56
いや~楽しい2日間だった~!
久々の2日間天気の心配のいらない山行に楽しみにしていたものの、体調が悪くて悲しい気持ちだった時に、あまりの強風で腹痛も吹っ飛んでいき、Toshi兄さんとAotaさんの姿を見ると驚きと嬉しさで快調に変わりました!
だけども、Toshiさんの呪いがかかって、漆にはかぶれ、お金は落とすのてんやわんや・・・
それでも、Toshiさんがお金を貸してくれたので無事、みんなと一緒にロープウェイに乗れて良かった。
次の週末も楽しみで夜も眠れないかもしれないです!
 
 
 
はぁ~っ!?: I enjoyed a lot! (hiromi) (Amigo)
2017-06-18 21:57:12
そのタイトル、オラぐらいになるとよ、「すっごく楽しんだ」って理解できるが、小学校の時ランドセルを空にしていったToshiなんか、何のことかわからんぜ。

次の週末が楽しみで眠れないかもって、いっつもどこでも寝っぱなしだべやあ・・・
 
 
 
どこも天気良かったね! (エバ)
2017-06-19 07:57:52
5月末の小旭岳と後旭岳山行を思い出しました。
Hiromiさん、皮膚科に行ったかな?
漆かぶれは、私の年中行事です(笑

18日は雌阿寒岳に登っていました。
道内快晴の場所が多くどの山行報告も賑やかで天気は良かったようですよ。

ワラビ・・美味しそう。
私は、足寄のラワン蕗を買ってきました・・。

来週はどこへ行くのかな?
 
 
 
山は晴れると100倍楽しい!:どこも天気良かったね! (エバ) (Amigo)
2017-06-19 19:15:24
道東行お疲れさん!
運転が大変でなあ。

Hiromiはよほどのことがないと受診しようとしない。
今回は初めてウルシにかぶれたのに、
職場でもらった軟膏を塗っただけだ。
Hiromiの兄貴分のToshiがガラスのような皮膚で、
ウルシだって歩いているだけで空気感染してしまう。
そんな様子を見てきているので、それに習っているんだろう。
ウルシには私もかぶれたことがあるが、二週間じっと我慢するしかないものだ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。