goo

2017.5.14 『藻岩山』(531m)

 

 今朝定山渓温泉近くで目覚めた。

今日は『藻岩山』に登って、8時半に乃々を迎えに行くことになっていた。

『藻岩山』に登るなら、もっと近いところで車中泊をしたいところだが、

定山渓温泉より札幌に近付くと、なかなか良い場所がないのだ。

以前も同様の機会に、随分走り回って良い場所を探したが、

さすがに190万都市札幌、妥協せざるを得ない点が多すぎた。

 

 6時過ぎに『藻岩山』のスキー場に行ってみると、既に数台の車があった。

そしてもう登り終えて下山してくる人がいる。

また、時間的間隔を空けながらも、新たな登山者がやって来る。

  Hiromiといつものトレーニング登山として何も持たずにスタートした。

我々はスキー場大好きチームなので、正規の登山道は行かずにスキー場を登る。

ただ、スキー場を登る人も多く、踏み跡がきっちり登山道と化している。

このスキー場を登っていると『手稲山』を思い出す。

似たようなスキー斜面だ。

去年の夏、乃々を連れて登ったときは背の高い草が生い茂り、

乃々を肩車して登った急斜面は雪が融けて間もないため、下草の丈が低い。

それ故私の好みにピッタリ!

いやあ、こういうところを歩くのは実に楽しい。

 

 頂上は観光地であることから、それなりの施設が整備されているが、

それはそれで致し方のないところ。

しかし展望は素晴らしい。

360度の展望が楽しめる中、今日のコンディションでも札幌の山々をはじめ、

遠く増毛山地や夕張山地が雲海の中に浮かび上がって見えた。

そして眼下には190万都市札幌。

札幌って、都会と自然を併せ持つ、誠に贅沢な大都市だと、改めて感じ入る次第だ。

  下山はまたスキー斜面だが、

まるで異次元の彼方に吸い込まれていくような感覚を覚える風景だ。

この時期の『藻岩山』の素晴らしさを再認識。

Hiromiが一人の時に通い続ける気持ちが頷ける。

う~ん、素晴らしい!

ナジャぁ、ナジャのところからは歩いて行って登れるんだから、

この素晴らしい里山をもっと大事にしろ~

  下山して少々時間は早かったが、乃々を迎えにGO!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.5.13 『... 2017.5.14 た... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。