goo

2017.5.17 『神居尻山』(947m) [ネギ採り]

  今日はあらかじめ休みを取っていた。

GW前の繁忙期が終わり、今は休みやすい。

 

 昨日の終業後、馬追丘陵に出かけて車中泊。

今朝『静台』と『長官山』に登り、

一旦帰宅して洗濯を終えてから『神居尻山』に向かった。

今日はギョウジャニンニクの収穫が目的だ。

ギョウジャニンニクについては、樺戸山地のあちこちに自生地を知っている。

この『神居尻山』では上と下に畑があり、

残雪の状況によって収穫場所を変えてきた、以前は。

ところが数年前、我が愛する女房が突然その強烈な臭いを嫌い、

「臭い、頭が痛くなる」などと言い出したため、

どうにも家には持って帰りにくくなり、収穫から遠ざかっていた。

 

 『神居尻山』に着いて山肌を見ると、残雪状況がどうも中途半端だ。

それで上の畑がダメなら下へ下ろうということにして、

Bコースの登山口から入山した。

久々に気温が上昇し暑い。

しかし今日は山菜採りのため半袖にはなれないのでゆっくり登る。

ウィークデーではあるが、何組かが入山しているもよう。

頂上を越えて登山道を離れ、北の斜面に入る。

やはり中途半端だ。

肝心のポイントで雪が残ったままだ。

従って狭い範囲で収穫を始めた。

斜面を登下降したり、行ったり来たりを繰り返す。

それでも大型のレジ袋に1つ半収穫するとその場所は終わりだ。

仕方がないので沢を下ることにした。

そして下の畑に期待する。

上部はまだ沢が開いておらず、快適に下って行く。

ところが収穫ポイントに着くと、やはりダメだ。

大きくなり過ぎている。

中途半端な時期だった。

しょうがないので女房用のコゴミを採りながら下る。

水量が少ない上流ではポンポン跳んで渡渉を繰り返すも、

下降とともに増水し、しまいには避けきれずに沢中をジャブジャブ歩いて下った。

雪融け水であるにもかかわらず、思いの外冷たく感じないのが幸いだ。

 

 沢を抜けて車に戻り、靴を履き替えてからはフキ採り。

春の柔らかいフキがたくさんある。

短時間で簡単には持てないほどの重さを収穫し、本日の刈り取り終了。

 

 今日収穫したギョウジャニンニクとフキは、

明日全て今アルバイトをしている会社のおばちゃんたちにあげる。

俺ってホント、いいおじさんだよなあ・・・

ん!?

おじさん? じいさん??

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.5.14 た... 2017.5.20 『... »
 
コメント
 
 
 
お天気がよくて~ (ちえ)
2017-05-17 22:41:42
よかったですね(^^)
昼休み1時からで外へ出たらいい天気。
週末だったらよかったですね!

ギョウジャニンニク
会社のおばさんたちに!?優しいなぁ☆

じいさん?なんて全然みえませんから~~☆☆☆
オジサンではあるけれど
 
 
 
控えめな私: お天気がよくて~ (ちえ) (Amigo)
2017-05-17 23:01:09
「おじさん」て言ってしまったし、本人もそのつもりだがよ、年齢を考えると62だしなあ・・・

やはり若い者と付き合わなきゃダメだ!
その点も踏まえて、Hiromiの存在はありがたい。
 
 
 
だべ~ (hiromi)
2017-05-18 21:13:44
私も若くないけですけどね~

でも、孫が2人もいるからじいちゃんですよ~(^。^)
 
 
 
いやあ、若い: だべ~ (hiromi) (Amigo)
2017-05-18 21:30:49
お帰り。
出張疲れたべえ。

お前は私よりはるかに若い。
なのに口の利き方は、まるっきり年上みたいだけどねえ・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。