goo

2016.9.18 『雄鉾岳』(999.5m)

   三連休初日、『小鉾岳』から下山して八雲町で入浴し、

移動して『雄鉾岳』の登山口まで入って車中泊。

『小鉾岳』と『雄鉾岳』。

どちらも「おぼこだけ」と読み、その字のごとく頂上付近が鉾先のように鋭い岩稜帯となっている。

 

 私のブログでは、山の標高の1m未満を四捨五入して表記している。

ところがこの『雄鉾岳』を国土地理院の地形図に照らし合わせて見てみると、

「999.5m」となっており、それを1,000mと表記するのは心苦しいので、

この山だけは正確な標高を記すことにした。

 

 6時25分、登山口をスタート。

先行して入山した2組を間もなく追い抜き、快調に歩を進める。

初登のこの山に入山して知ったが、行程の殆どが沢登りだ。

靴中を濡らすことはいので、沢靴を必要とはしないが、渡渉に自身がない人は沢靴の方が安心だ。

Hiromiはあまり渡渉を得意としないが、今回だけはいつもよりスムーズだった。

左岸、右岸と渡渉を繰り返して徐々に高度を上げて行く。

前日から感じていたが、先日たて続けに襲来した台風の影響が、この辺りではあまり感じられない。

このルートでは何本かの倒木が確認されたものの、強風が荒れ狂ったという印象はない。

沢はやがて枝沢の小沢となり、水量が減って行く。

踏み跡はところどころ判然としない箇所があるものの、

注意深くルートファインディングを試みれば大丈夫。

小沢はやがて水が涸れ、それでもルートは枯れ沢の中を進む。

そして傾斜を増し、登行のスピードが鈍ると、眼前に頂上へ突き上げる大岸壁が現れる。

これは凄まじい迫力だ。

枯れ沢は岸壁に向かって右端に向かい、岸壁直下で登山道が左に向かってトラバースを開始する。

岸壁直下のこのトラバースが結構長い。

8時35分、ルンゼ下部。

ここからルンゼの急登だ。

一直線にクライミング要素の濃い登りが続く。

固定ロープは張られているものの、誰がいつ設置したものか不明なので、私は極力それに手を触れない。

それより自生する笹の方が信用できる。

そんな古いロープを頼りにHiromiは登るものの、地面が水分を含んでおり、岩がよく滑る。

大変危険なところだ。

このルートで出会った4組の登山者たちの足元を見ると、ハイキング用の靴やアップシューズを履いていた。

これでは危険を助長する。

高山対応の固い登山靴でなければ歯が立たない。

ハイキングシューズやアップシューズで何とか登ったとしても、下りのことを考えるとゾッとする。

  Hiromiはルンゼを何とか登りきって「海見平」と呼ばれる頂上大地へ。

垂直の大岸壁の上は、広い笹の大地たった。

しかし沢からは晴れてすっきり見えていた頂上部が、このころにはすっかりガスに包まれてしまっていた。

 

 9時5分、頂上。

何にも見えねえ~

とりあえず記念撮影をして下山開始。

Hiromiのルンゼ下降が心配だったが、ロープに振られ、岩に身体や顔をぶつけながらも、何とか下りついた。

しかし久しぶりに沢歩きをしたHiromiの膝が悲鳴を上げていた。

その後の下降には登りと同じ時間をかけてゆっくりゆっくり。

 

 11時45分、登山口。

この山の歩行時間を登山口の案内板で改めて確認すると、登り3時間30分とある。

一般の登山者を対象に3時間30分は無理だ。

4時間30分と表記すべきだと、私は思う。

往復9時間の行程、それがこの山だと感じた。

わずか1,000mほどのこの山は、その標高には似合わない登りごたえがあった。

 

 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 2016.9.17 『... 2016.9.19 『... »
 
コメント
 
 
 
もはや登攀ですね (Toshi)
2016-09-22 13:17:57
低山なのに急登また急登といった写真ばかりで楽しそうです。
Toshiも道南に行くなら白水岳、冷水岳かこの山に・・と思っていました。
 
 
 
ハラハラしたぜ: もはや登攀ですね (Toshi) (Amigo)
2016-09-22 20:12:59
ルンゼで垂直に近い岩があってなあ、登るのをハラハラして見ていたが、下りの心配がまたあって、それだけでも疲れたわぁ・・・
 
 
 
safe (hiromi)
2016-09-22 22:44:00
案外大丈夫!また行きたいなぁ・・・
 
 
 
きつい!: safe (hiromi) (Amigo)
2016-09-22 22:56:42
私は精神的にきついっす!
 
 
 
無事に下山しました。 (mine)
2016-09-24 20:44:59
雄鉾でお声を掛けて頂いたファミリー登山の者です。無事下山しました。「ピークまであと1時間半くらいだよ」と教えて頂いてから1時間20分程でピークにたどり着けました。そして下山した後のお手紙、本当に嬉しかったです。山での出会いが好きで山に登っています。そんな一期一会が子供達の人生に少しでもプラスになればと思い、家族で登山をしています。いつかまたどこかの山で御一緒出来たら嬉しいです。会えますよね!
 
 
 
ホッ・・・: 無事に下山しました。 (mine) (Amigo)
2016-09-25 13:17:06
それは良かった。あれからどうしたか、ずうっと気になっていた。
息子はアップシューズでよく登れたなあ。いい経験だ。
娘も素直で、見ていてホントに気持ちがいい。
世の中の親たちが皆お宅のような子育てをしていたなら、こんな変な世の中にはならなかったはずだ。
ちなみに私には35歳の娘と32歳の息子がおり、子供たちが小学生の頃、自分の自由な時間の99%を子供達と一緒で、毎週毎週山、川、海に連れ出して遊んだものだ。

私は年間百数十回の山登りをしている。
またそのうちどこかで会えるだろう。
あの子達が成長しているであろう、その姿をまた見てみたいものだ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。