goo

2017.1.3 『タケノコ山』(1,039m)

  3日の朝、金山湖畔で目覚めると、辺りはどんよりとした曇り空の下にあった。

トマムへ移動する予定も即変更し、最寄りの『タケノコ山』に登ることにした。

アプローチは南富良野スキー場から南に伸びる町道を、最終人家がある除雪終点となる。

 

 地形図に『タケノコ山』などという名はなく、1,039m標高点のピークを誰かがこう呼び始めたのだろう。

以前アプローチ地点を確認するために寄ったことはあったが、登るのは初めてだ。

そして今回は林業関係の作業のためだと思われるが、林道の奥まで除雪されており、アプローチが大変楽だった。

  7時50分、林道の駐車スペースをスタート。

と、途端におびただしい数のトレース。

さすが滑ることを目的とするなら最高の山だ。

私は滑ることを目的とはしておらず、山スキーはあくまでもピークに立つための道具と捉えている。

そんな道具を使う山登りはアップダウンがつきものであるから、

『羊蹄山』やニセコの山、またはこの『タケノコ山』でない限り、

ピークから滑りっぱなしというところはない。

必ず登り返しがある。

それでアップダウンが激しいところはスキーを避けてスノーシューで登る。

 

 スタートして30分ほど登って行くと、突然樹林帯を抜けた。

そして目の前に標高差400mほどのオープンバーンが現れた。

こういう景色には滅多にお目にかかれない。

なるほど、バックカントリー愛好家たちをとりこにさせるはずである。

と、同時に不安が頭をよぎる。

はたしてHiromiはこの斜面を滑り降りられるのだろうか?

斜面には凄まじい数のシュプールが、右に左にと走り回り、なんとも落ち着かない光景だ。

斜面は高度を上げるほど斜度を増し、不安は更に広がる。

しかしHiromiは黙々と樹林帯に入ってラッセルを続ける。

私は思い余って声をかけた、「お前ここ滑れるの?」、

「わかんない…」

不安を抱えながらも頂上手前のピークに近付き、スキーをデポしてツボ足で登ることにした。

Hiromiの危険を回避するためだ。

頂上付近の危ないところは滑らせられない。

9時50分、1,039mピーク。

美しい風景が広がる。

さて、Hiromiにとって恐怖の滑降が始まる。

最初「シールつけたまま下りるかなあ…」と言い出したが、それはそれで、前につんのめって危ない。

しぶしぶシールを剥がし、スタート。

ところがありゃりゃ!

なんかスイスイ!

ハの字(ボーゲン)スタイルではあるが、かなり傾斜がきつい深雪斜面をスイスイ滑る。

そして楽しそうだ。

なぁんだ、やればできるじゃん!

結局楽しみながら滑り降りて、

10時45分、駐車地。

そこでHiromi曰く、「いやあ、速かったね~」、ガクッ・・・

 

 下山後時間が早いので、車中泊を切り上げてまた帰途に着き、

夜は「サイゼリヤ」でToshi、Mocchanとともに「新年の一杯会」を開いた。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.1.2 『... 2017.1.4 『... »
 
コメント
 
 
 
挑戦!! (Toshi)
2017-01-04 22:11:10
hiromiちゃんには冬山をもっと楽しめるようになるためにスキー技術のたゆまぬ
訓練を是非お願いしたいところです。

でも冬山が嫌いになってしまうようだと元も子もないので・・・
の~んびりやって貰いましょうか~♪
 
 
 
だけどよぅ・・・: 挑戦!! (Toshi) (Amigo)
2017-01-04 22:50:41
Hiromiだって、もう決して若くはないんだし、そうそう上達は出来んだろう・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。