goo

2017.1.29 『老根別山』(911m)

 昨日の朝「LARCH」を後にし、帰途で金山峠に寄り、『老根別山』に登った。

『老根別山』は道々の金山市街地を抜けて金山峠に向かうと、

間もなく正面に特徴ある大きな山体を現わす。

馬の背状の長い頂稜を持ったこの山を見ると、夕張の『鳩ノ巣山』を思い浮かべる。

我々としては帰り道に位置する誠に重宝する山だ。

しかもアプローチがなく、駐車地からそのまま入山できる。

 

 8時50分、駐車地をスタート。

西に登ってゆく尾根に取り付く。

ここで私はちょいと用足し。

その間に「この尾根をまっすぐ登って行ってくれ」とToshiとHiromiの二人に伝えた。

その後二人を追いかけることになるのだが、ここで誤算が生じた。

尾根を伝って行くと、間もなく古い林道と交差する地点がある。

私のルートはこの林道をまたいで、尾根筋に沿って上部へ進むのだが、

二人のトレースは林道に入り、そのまま林道を登って行く。

目の前に林道が現れると、ついそれを進んでしまうというのは、

いかにも素人っぽい行動だが、今回はそれが功を奏した。

見るととりあえずは林道が私の目指す方向と一致していたので、

どこかで修正して尾根の頭に上がれば良いと結論づけて後を追った。

ところがその後も林道は、忠実に尾根に沿って続く。

「これはもしや・・・」と、期待した通り通過予定点の「744mP」基部をかすめて更に上へと続く。

そこで二人に追いついて、間もなく「744mP」への急な斜面に取り付いた。

雪が深い上、傾斜がきついので辛い登行となる。

おまけにこの日は前夜の酒が残っており・・・

 

 9時50分、「744mP」。

ここから『老根別山』の迫力ある姿を目にすることになる。

そしてまた天気が良い。

今月は土曜日に晴れ模様となることが多かったが、

この週末はその土曜日が荒れ模様。

しかしこうして翌日曜には晴天となってくれるので感謝だ。

土日のいずれかこうして晴れて楽しませてくれるのは、本当に助かる。

 「744mP」からは遮るもののない世界が広がり、

雄大な景色を楽しみながら歩を進める。

 

一旦下降してまた登り返すのだが、

この後は歩を進めるごとに先のことが不安になる。

それは眼前に広がる急斜面だ。

足元の雪は表面に薄い新雪が降り積もっているものの、

その下にはよく締まった固い層がある。

ただ、それが急傾斜となると状態は変わる。

斜面の斜度が増すほどに積雪の圧力が加わりにくくなり、平地ほどは締まらない。

 

そんな心配をしながら進んで行き、いよいよ最後の登りの基部に達した。

するとそれまでビデオ撮影のため、常に最後尾にいて体力を温存してきたToshiが、

猛然と急傾斜に挑み始めた。

MSRの長所を存分に発揮して、ガンガン登って行く。

ここはひとつ様子を見ることとし、

Hiromiには先頭を行くToshiとの間隔を大きく空けるよう指示し、私は最後尾に着いた。

いずれも不測の事態に対応しやすくするためだ。

しばらくは直登を続けたToshiだが、降雪に隠れたクレバスを越えてから右手の樹林帯に入った。

樹林帯の中は雪崩が発生しにくいが、日陰となるため雪が締まらずアリ地獄のようになる。

案の定苦労するToshi。

そしてその小さな棚に上がれば頂上が見えようという地点で、

「まずい、雪崩そうだ」と言う。

すかさず50mほど下にいた私が、「無理すんなよ!」と言うと、

「やめます、下りよう」。

10時40分、撤退決定。

下降をHiromiがスノーシューでは無理なので、ツボ足で下降させることにし、

私も同じくスノーシューを背負って急斜面の下部までツボ足で下った。

やはり厳冬期にこの山は難しい。

登れないことはない。

しかし無理をする必要もない。

2年前にこの頂上に立っているが、それは積雪が締まって安定した3月下旬だった。

そんな頃にまた登ってみよう。

 

 あとわずかという地点で撤退を決めたが、3人揃って全く悔いはなし。

それどころか晴天の下、素晴らしい山風景を堪能できたことに大満足し、

11時45分、駐車地。

直近の「湯ノ沢温泉」で汗を流して帰途に着いた。

楽しい二日間だったねえ~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017.1.28 「... 2017.2.4 『... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。