goo

2016.10.31 『白旗山』(322m)

 

 月曜の『野牛山』を下りてから昼食を摂り、

直近の『白旗山』に登ってみた。

「登ってみた・・・」、そう初めてである。

クロスカントリースキーのフィールドとして、あまりにも有名な『白旗山』。

しかもそれが札幌市に存在するので、さぞかし手入れが行き届き、

駐車場も舗装された公園なんだろうと思い込んでいた。

例えば『藻岩山』の旭ヶ丘公園登山口のような・・・

それでこれまでこのあたりを通っても、登ってみようという気にはなれなかった。

そんな思い込みの強い山も、雨の中となれば寄ってみようという気になったものだ。

そして何も考えず、「有明登山口」に入ってみた。

心細く細い未舗装道路を進むと、間もなく広い駐車場が現れた。

舗装された公園の中の駐車場を勝手に思い描いていたが、全く違っていた。

地面は少々汚いくらいの駐車場で、ゲートが閉ざされ、その先は林道のようだ。

ゲート横に案内板があり、それによると『白旗山』へは4つの登り口があるようだ。

そしてこの有明口からが一番短い。

 

 13時45分、駐車場をスタート。

すぐに林道をゆっくり走行するパワーショベルが目に入った。

それを目にしたHiromi、「あっ、トラック・・・ トラクター?」

まるで世の中のことが分かっていない天然である。

パワーショベルはカラ松林の伐採作業を行っていた。

そのキャタピラ痕で林道の表面がドロドロになり、歩くのが不快だった。

しかし、パワーショベルに近付くと、オペレーターがわざわざショベルを移動して道をあけてくれた。

その後キャタピラ痕を抜けると、地面はよく締まり歩きやすい。

更に高度を上げて行くと、地面は草付きだ。

そしてなかなかの斜度である。

ただ、ゲートから2.4kmの行程は短い。

14時15分、『白旗山』頂上。

下山は道を変えてみた。

ここは同じく札幌の「白川市民の森」や「盤渓市民の森」に似ている。

下山に利用した遊歩道もなかなか傾斜があり、登りに利用するとよいトレーニングコースとなる。

 

 14時45分、駐車場。

いやあ、意外だった。

予想をはるかに超えて良い山であった。

まだまだ身近にも知らない山があることを再認識して、

天候不順な中ではあったが、豊かな気持ちで帰途に着いた我々であった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2016.10.31 ... 2016.11.3 乃... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。