アルミホイール修理のカスタムインフォメーション

手軽に恰好良く!アルミホイール修理でカスタム!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホイール修理でガリ傷、こすり傷を治す

2016-10-31 10:31:17 | アルミホイール 修理
縁石に擦ってしまった等、ホイールにガリ傷、こすり傷が付くことは意外にあるようです。
メッシュホイール他、高級ブランドホイールで主にドレスアップを目的として足回りを固めている人にとっては、こうした傷は耐え難くかなり気になるようです。

ガリ傷、こすり傷と一言で言っても程度は千差万別です。
ちょっとした擦り傷のようなものから、(傷が大きいものであれ小さいものであれ、広範囲のものであれ狭い範囲のものであれ、あるいは深いものであれ浅いものであれ)陥没ができてしまっているようなものまで様々です。

そこでホイール修理となるわけですが、ちょっとした擦り傷をヤスリやタッチペンでごまかすといったレベルを除き大抵の修理は業者依頼ということになりDIYではまかないきれないでしょう。
ホイール修理の基本的な工程は丁度板金作業を想像すると分かりやすいでしょう。
即ち、研磨の道具による研磨(表面出し)→パテ素材盛り→研磨の道具による研磨(仕上げ)→塗装です。
研磨の工程では必要に応じて研磨剤も使用します。

仕上がったレベルは、作業者の技術、腕に左右されます。
修理代については、中古のホイールを買った方が安くなるといった場合もありますから、高級ホイールで、修理した方が安いといった場合や絶版品等市場にもはや在庫がない貴重なホイールに施工するといった場合に修理依頼されるといいでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルミホイール修理における... | トップ |   

コメントを投稿

アルミホイール 修理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。