白鑞金’s 湖庵

元ノラ猫タマと愉快な仲間たちの日記・エッセイ・コラム。

眠れない夜の難解詩

2017年07月29日 | 日記・エッセイ・コラム

「ごきげんよう、浮き世夫人よ」

浮き世はこなごなに砕かれている
かつてわたしたちは浮き世を大いに愛した
今はもう死ぬことも
それほどわたしたちをこわがらせない

浮き世をさげすんではならない
浮き世は色どりと野生に富んでいる
古い古い昔からの魔力が
今も変らず、浮き世のまわりにただよっている

感謝して別れよう
浮き世の大きなたわむれから
浮き世は楽しみと悩みを与えてくれた
愛を豊かに与えてくれた

ごきげんよう、浮き世夫人よ
また若くつややかにお化粧なさい
わたしたちは、あなたの幸福にも
悲嘆にも満ち足りた(高橋健二訳「ヘッセ詩集・P.264~265」小沢書店)


BGM-A

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠れない夜の文芸欄3 | トップ | タマズ・カリフォルニア »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。