白鑞金’s 湖庵

元ノラ猫タマと愉快な仲間たちの日記・エッセイ・コラム。

眠れない夜の文芸欄2

2017年07月27日 | 日記・エッセイ・コラム

「不眠症」

思ったことはないだろうか 生まれてきたことが間違いだったと
思ったことはないだろうか 愛したことが間違いだったと
思ったことはないだろうか 独りで死ねたらどれほどいいかと

思ったことはないだろうか 誰かのために生きているのでないのなら
誰のためをも思わずいっそ勝手に死ねたらどんなにいいか 
それはどれほど楽だろう 子供の飴より甘味だろう

思ったことはないだろうか 誰が何を考えていようといまいと
たった独りであったなら たった独りであったなら(’17.7.27)

BGM-A

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠れない夜の文芸欄 | トップ | 眠れない夜の文芸欄3 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。