白鑞金’s 湖庵

元ノラ猫タマと愉快な仲間たちの日記・エッセイ・コラム。

自由律俳句──二〇一七年五月十八日(3)

2017年05月19日 | 日記・エッセイ・コラム

音楽コーナー。

「YOUNG GUITAR 2017年6月号」(シンコーミュージック)


P.179。「GIT」。Ex-2:3ノート・パー・ストリング。1本弦につき3音ずつ使うやつね。ここでの五陸守はエコノミーではなくすべてオルタネイトで演奏しています。フル・ピッキングなので迫力が違ってくることは御存知の通り。多分なんだけど、エコノミーとかスウィープとかばかりでこなすのは「癖」になってると、良くない意味で「手練れ」=「マンネリ」化してくるんだよ。だから時折は譜面にあるようにオルタネイト・ピッキングの修練を心がけるのは決して無駄じゃないと思うよ。

BGM20

Ex-1:キー=Bマイナー。聴いて直ぐに連想した楽曲があります。シューベルト「魔王」。そのメタクラ・アレンジ。さらにそのイントロ・リフ部。マイケル・シェンカー“INTO THE ARENA”のイントロ・リフがこなせる弾き手ならそれほど難関じゃないと思いますがどうでしょう。

「メタクラ〜クラシック名曲の超絶ギター・ソロ・アレンジ集〜〔改訂版〕・P.25」(シンコーミュージック)


BGM21

もしEx-1から始めたいという読者がいればそれで良いと思うね。“魔王“や“INTO THE ARENA”より幾らか易しいです。なお3小節目3〜4拍のプリングは3連符独特の「ハネた」乗りを大事にして下さい。気分転換にもきっと良薬になるだろうと期待しつつ。

BGM22

この六月半ばに来日予定のビル・フリゼールも注目かな。

BILL FRISELL“THIS LAND”

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由律俳句──二〇一七年五月... | トップ | 猫が見た密室(解決編) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。