人のふり見てわが振りなおせ

世の中価値観の違いで良くも見え悪くも見える、年を取ると我儘になる。
自戒を込めて・・・・身辺の雑記です。

昔の柑橘類はこんなものか

2016-10-11 03:29:19 | 日記
『さわやかな奄美の風にのせて今年もおいしく実りました
種の多い分だけ自然に最も近い小みかん"ぽんきつ"です。』
と箱に書いてある。
小ミカンを奄美の妻の知人が送ってくださった。



桜島の小ミカンより一回り大きい、一見すると外見は日南一号の様でもある。

食べてみると確かに自然に近い味がする。
どんな味 ? 、種は良いとして酸味は若干あるが甘味は日頃食べる温州みかんと比べ物にならない。
確かに自然に最も近いだろう。

品種改造された美味しい物を日頃口に入れているとこの様な食べ物もあるんだと一面では感心している。
今の日本人の味覚からすると好んで食べようと思えない。
改良前の柑橘類はこのようなものが多かったように感じる。

もう少し品物の事を知ろうと品物や生産元など検索しても詳細は見つからなかった。
地域の特産品としてあってもいいのだろう。
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今からか | トップ | 併せ売り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。