人のふり見てわが振りなおせ

世の中価値観の違いで良くも見え悪くも見える、年を取ると我儘になる。
自戒を込めて・・・・身辺の雑記です。

100パーセント満足だった

2017-06-18 17:18:10 | 日記
梅雨の合間と言うかから梅雨中と言うか旅行している間雨もなくお陰様で景色は・・気分は・・最高!! だった。

初日、二日目
鏡の上を滑るようにカーフェリーは30分遅れて出港したが、定刻に神戸の港に着いた。
ある団体グルーブが加わり、バスは満席状態である。

8時発車、車は一路高山市に向かって高速道路をひた走り。
途中休憩もあったが5時間走り高山市の板蔵ラーメンで食事。
ラーメンの汁は醤油味、九州のもんには合わなかった。

腹ごしらえをして再びバスで標高2700メートルの乗鞍スカイラインを走り駐車場へ。
ガイドさんが15分程度歩くと2979mの蚕玉岳の頂上に着くと説明を受けた。
過去登山実績は1000m満たない開聞岳だけだったので、自分の足で2979m踏破だと意気込んで歩いた。

が、気温5℃と強風が吹き体感温度は ? 、持参した薄手の防寒具では間に合わず途中でとても残念だったがリタイアとなった。
駐車場付近の残雪は1メート以上あり寒いは当然と言えよう。
登頂を済ませた人は一握りの人だった、感想は「とてもきれいだつた」と。

遠方の北アルプスの山々、穂高岳連峰も頂上付近は雪をかぶっている。


乗鞍スカイラインは一般のマイカーでの乗り入れは規制されている。
ヘアピンカーブ連続でバスの運転者さんも大変である。
スカイラインを降りて40分程度で白骨のホテルに到着した。
まさに秘境、狭い土地にホテル旅館が立ち道路の横にもお客さんのだろうマイカーが並んでいた。

温泉は硫化水素系の温泉だ、霧島の新湯の方が泉質は濃いようだった。
静かに夕食を取る、
添乗員さんが下戸の様で盛り上がらず・・・・用意した「木曽節三度笠」もご披露できなかった。




『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうから | トップ | 日頃の行いが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。