阿波池田「禿頭」の酔っ払って候(元福寿司2代目)

65を過ぎてから、六根の衰えが大いに感じられます。しかし年を取らねば絶対分からないことがあるはずです、それは一体なに?

はだれ雪

2016年12月24日 21時45分19秒 | 日記


豊臣市の妹夫婦の家を出る時、義弟が「新幹線の中で読んだら」とわたされた本です。

忠臣蔵を別の角度からーー浅野内匠頭の最後の言葉に絡んだストーリーの展開がーー残念ながら177/443までしか読めなかった、早く続きをと思うのですが、トイレに座ったときしか本を開けられない、うーんこまった😭😭
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまには食べてみたい!自分... | トップ | 東風吹かば 匂い起こせよ梅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。