阿波池田「禿頭」の酔っ払って候(元福寿司2代目)

65を過ぎてから、六根の衰えが大いに感じられます。しかし年を取らねば絶対分からないことがあるはずです、それは一体なに?

【すっぺらこっぺら】、【うったて】徳島の方言ですが、意味わっかりますか???

2016年10月17日 23時32分13秒 | 日記
残念ながら禿頭の家族は理解不可能、たぶん古語と思うんですが、

おむつ寿司の社長さんは【すっぺらこっぺら】は今まで標準語と思われていたとのことです、

都会でもよく使われていたそうです、【うったて】は岡山でも標準語として通用している

書道用語だそうです、うったては言葉の響きは標準語として通用してもいいんじゃないと

個人的には思いますが、

【すっぺらこっぺら】と言う言葉自体がおぼえられない、多分徳島県西部の人間は使わないのでは

間違ってたらごめんなさいね、徳島県の人工の半分は徳島市周辺に集まっていますので

その地域の言葉が阿波弁と言われるんですが、昔は県西部まで阿波弁が届かなかった、

何しろ阿波池田から徳島市までは75kmですが高松市には55kmぐらいです、

どちらかというと香川県池田町と言った方が地理的には合っている、

ですから阿波池田には讃岐よりお嫁に来られた方が多くさぬき夫人会があったらしい。

うちのおくさんも讃岐の詫間ですから、そうそう先日箸蔵寺ガイドのお客さんの中に

詫間町の方がおられ、仁尾(詫間のとなり)には池田の人が多いんですよと言われました、

池田の産物を仁尾港から出荷していた関係でと教えていただきました。

話がなにがなんだかわからないほど、飲んでいますので、税理士事務所さんから

書類だしてーーといわれているのにね、おやすみなさい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランチはカツとじ PM3時40分... | トップ | 同級生はガラケー信者、そう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。