阿波池田「禿頭」の酔っ払って候(元福寿司2代目)

65を過ぎてから、六根の衰えが大いに感じられます。しかし年を取らねば絶対分からないことがあるはずです、それは一体なに?

audible by amazon 仕込みをしながら司馬遼太郎さんの小説が聴けます。

2017年05月11日 09時23分25秒 | 日記
アマゾン プライムの会員なので3か月間は無料です。

まだコンテンツを調べていないので、どんな作品があるのかは

分かりませんが、落語もありましたので、アプリをDW、昨日は

仕込みをしながら、若い時に読んだ、司馬さんの”王城の護衛者”と

歌丸さん、談志さんの落語を聴きました。

you tubeもいいのですが、音量が低いのがあったり、切れたりするのがね・・・

司馬さんの作品を5つぐらいDWしました、しばらくは楽しめそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉庫の男爵イモが😨 | トップ | 観音寺市に1200人のホールが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。