わくわく・わっく (ひとりぼっちの塩飽農園)

「わくわく」で行こう! 「わくわく」を感じる生き方。ちょっとした「わくわく」が人生を楽しくさせる。

和ハーブのやさしさで心を豊かに

2017年04月19日 13時01分47秒 | 薬草、野草関連。


 ラベンダーやカモミール、ローズヒップなどの西洋のハーブを生活に取り入れている人が増えているように思います。 ところで、ハーブって言ったら外国の物だけと思ってる人もいるでしょうね? 日本にもハーブはあるんですよ。日本のハーブの和ハーブはあまり知られていないようです。

 先日見た雑誌には、古来から日本でも暮らしを豊かにするハーブが使われていたと書いてありました。


 そもそもハーブって何だと思います? 
ハーブとは、人々の生活に役立つ植物のことで、有用植物と言うそうです。 我々の役に立つ植物と言ったら薬草じゃ~ない?

 ショウガ、サンショウ、三つ葉、ワサビ、シソ、ヨモギなど、昔から日本で用いられてきた植物が「和ハーブ」なんだそうです。



 おいらが暮らしている岡山県では、昔 【和のミント】とも言われる日本薄荷(和種薄荷)の栽培が盛んでした。 しかし、今では薄荷をほとんど見かけることは無くなりました。

 そこで、3年前から和種薄荷である岡山生まれの岡山薄荷の栽培を始めました。


 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里山に里芋を植える。 | トップ | フェアートレードの時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL