わくわく・わっく (ひとりぼっちの塩飽農園)

「わくわく」で行こう! 「わくわく」を感じる生き方。ちょっとした「わくわく」が人生を楽しくさせる。

野菜がシャキシャキ! 野菜の力を引き出す「50℃洗い」

2017年04月21日 07時33分54秒 | 塩飽農園の活動?

 野菜は水で洗って食べますよね。

 ところが、50℃のお湯で洗うと、野菜がシャキシャキのみずみずしくなるそうです。

50℃のお湯で野菜を洗うと汚れもよく落ちるそうです。でも、50℃と言えば風呂のお湯よりも高いので、そんなお湯で野菜を洗うと、しなしなになってしまうと思うのですが、真逆のようです。しゃっきりするそうです。 

それって本当だろうか?
試してみようと思います。


なぜ、50℃のお湯で洗うとシャキシャキ野菜になるかの理由は、
野菜や果物は、収穫されると表面にある気孔(水分や酸素などを取り込む小さな穴)を閉じて水分を逃がさないようにするようです。 時間とともに水分が少しずつ蒸発し、色つやが悪くなります。ところが、これをお湯につけるとヒートショックで瞬間的に気孔が開き、水分を吸収してシャキッとなるそうです。

また、お湯で野菜を洗う事により苦みや渋み、えぐみの原因であるアクが流されるようです。さらに熱で酵素が活性化することにより、酸味が減って、うま味や甘味が増し味が良くなるようです。

お湯の温度を50℃にする理由は、
雑菌は30~40℃で活発に活動するが、50℃では雑菌のほとんどが死滅するそうです。 だから、洗った野菜は、長持ちするとか。 温度が54℃以上になるとビタミンなどの栄養素が壊れ、野菜に火が通ってしまいます。 つまり、50℃は食材を生の状態に保ちながら酸化物を取り除き、雑菌を死滅させる絶妙な温度のようですね。


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェアートレードの時代 | トップ | 生でも食べれそう 新タマネギ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL