カタログギフトの贈り方

ギフトを贈ればいい!なんて思っていると失敗する!恥をかく前にこれだけは知っておきたいギフトの贈り方

贈り物、お返しの時期やポイントは?

2017-07-12 10:00:51 | ギフト

祝い事などの行事の際に何かを戴くということは多いと思います。

しかし、贈り物を戴くとなると頭を過るのは「贈り物 お返しはどうしよう?」という不安ですよね。

贈り物を戴くとそのお返しをするというのは基本的なマナーですので、この不安は避けようがありませんが、せめて祝い事ならば相手への喜びのおすそ分けという形で前向きに考えたいものです。

基本的に贈り物を戴いたら相手に失礼のない範囲でお返しをしなければなりませんが、これが実はなかなか難しいもので、相手の好みや苦手なものなどを把握しておかなければなりませんし、贈り物の数が多くなればその手配をするのも一苦労です。

また、相手が「これは一体何の贈り物なのか?」と疑問を感じるような贈り方は避ける必要がありますから、なるべく早めの時期、できれば一月以内に手配する必要も出てきます。

ですが、流石に自分一人で全てを上手くやろうとするといろいろと大変なことになりそうです。

こういった時、贈り物 お返しにカタログギフトを使ってみてはいかがでしょう。

カタログギフトであれば相手の物の好みを知らなくても、カタログの中から相手が勝手に選んでくれますし、時期に関しても業者の方もプロですからあまりに遅くなるような事態は当然避けることが出来るはずです。

ですから、もし、何かの贈り物のお礼で迷ったらカタログギフトを贈るというのも選択肢に入れておくと良いでしょう。



知っていれば恥をかかないギフトマナー
⇒ カジュアルパーソナルギフト ギフトマナー で確認する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き出物に人気の食器ブラン... | トップ | 出産内祝いに送料も品物も安... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL